中の人は男のプレイ日記・改
前の日記にログインできなくなったから作り直した。 困ったもんだ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
53回-貧弱な聖騎士団
前回作った真っ黒な兜は多分高値で売れるかもしれないので
カバンの奥底へしまっておく事にする

そしてまた訓練を受けに行く

するとバリダンジョンの魔族全滅の功績(いつものコボルト退治と同じ)
の功績が認められたのか、妙な任務をまかされる事になった








その内容はドッペルゲンガー退治
こんな世界にもそんなもんいたのか
しかしドッペルゲンガーが相手ってなるとちょっとマズいんじゃないだろうか
だってドッペルゲンガーを見ると死ぬらしいし

でもよく考えたらこの世界で死とか
これでもかって言うぐらいに体験してるよな
G1の最後らへんとか30回ぐらい死んでたし

となると今更ドッペルゲンガーを怖がる必要なんかこれっぽっちも無いな






というわけでドッペルゲンガーが出るという
マスダンジョンにワープして、女神の祭壇に通行証を落とす

するとなぜか画面が暗転

この展開はもしかして・・・・







また変な電波受信した

バリダンジョンだけかと思ったら
このマスダンジョンにまで毒電波が来ていたとは・・・
ダンジョン恐怖症になりそうだ






とりあえず成り行き任せに
このムービーを見てみる

どうやらルエリはダンジョンの出口近くまで来たらしい
しかし後ろには見張り役のトリアナがいる
恐らくこの後の展開は

「ふはははは!バカめ!この俺が貴様をこのまま帰らすと思っていたか!!貴様にはここで死んでもらう!!」

とか言いながらトリアナの体が金色に輝きだして
一瞬にしてムキムキのマッチョマン(トリアナ)が出現して
すさまじい必殺技を連発して「ルエリ死亡確認!」となると思われる

よーし頑張れトリアナ







なにそれ

いやちょっと待てよ
お前せっかく捕らえている奴を何で普通に逃がしてんだよ
これバレたらお前モルガントに殺されるぞ







しかしG2始まってからこんなムービーばっかり見せられてるけど
なんでネトゲでRPGの恋愛みたいなのを見せられなきゃいけないの?

この変な恋愛もどきとパラディンと何の関係があるんだ?
開発者の自己満足とかじゃないだろうな











そしてムービーが終わり、俺参上
ともかくあんなふざけたのは無視して
ドッペルゲンガー退治に専念しなくてはいけない

というわけで今回は現在最強武器として名高い
中級キア名物、荒い激しいメイスを使用させてもらおう
このメイスの破壊力は恐ろしいものがあるからね






というわけで最強武器を片手にマスダンジョンに突撃するが

死んだ

ドッペルゲンガーに会う前に死んでどうすんだよ
恐らくボス部屋で控えてると思われるドッペルゲンガーもビックリだ







気を取り直して突撃
メイスの恐ろしい破壊力によりコボルトも一発だ






実はこのマスダンジョンはRP以外では始めてきたのだが
妙にコボルトばっかり出るな

普通の宝箱部屋でもコボルト





スイッチ部屋でもコボルト





ともかくコボルトばっかり
もう嫌になるほど出る

ここはコボルトの名産地か何かなんだろうか?









しばらく進むと再び毒電波が発生して
ムービーが流れた

ここの毒電波率はバリダンジョン以上だな

どうやらルエリとはぐれたトリアナが
パラディンに見つけられたらしい

つーか一見人間にしか見えないのに
どうやって魔族だって見分けたんだろう
パラディンスゲー

しかしバカだなーこいつ
どこのダンジョンか知らないけど、丸腰でうろついてるから
そうなるんだろ






で、もちろん重装備のパラディン軍団にかなうわけが無く
全力で逃走する

で、よく見たらそのパラディン軍団の中に

なんか混ざってる

もしかして今回は毒電波じゃなくて
現在起こっている事なのか?

いやちょっと待てよ
今1人でダンジョンにいたはずなのに
いつの間にこんだけの兵が出てきたんだ

つーかこの状況を考えてみると、重装備のパラディン軍団は
俺1人に道中のコボルト退治させて
弱そうな魔族が出たら集団で出てきた

ってことだろうか

なんだこのヘタレ軍団







追い込まれて命乞いを始めるトリアナ
今回はドッペルゲンガー退治が任務だから
戦意の無い魔族なんてほっとくだろうな






で、これに対するパラディンの返答

話聞けよ
こいつら相手が弱そうだからかなりやる気になってやがるな
ヘタレもいいとこだ

しかも俺だけ服装が違うから
指揮官みたいに見える
こんなヘタレ軍団の指揮なんか執りたくねー






しかし

思いっきり指揮しとる


でも指揮してる後ろでトリアナに殴られて
52もダメージ受けてる奴がいる

全身鉄製なんていう超高級装備をつけてるくせに
素手の魔族の子供に攻撃されて52もダメージをもらう

ヘタレっていうかもうこいつら戦いの素質無いだろ
その防具を全部俺によこしてもう帰れよ





しかしこのまま放っておくと
パラディン軍団が丸腰の魔族の子供1人に全滅
というとんでもない事件になりそうな上に
指揮官っぽい俺なんか
子供1人に全滅させられた部隊の指揮を執っていた
というメチャクチャ不名誉な事になりそうだ

そうなったらいい笑いものなので
ヘタレな兵を下げて指揮官自ら攻撃をする

と、ここでカッコよく攻撃しているSSを撮りたかったのだが
なんとたった二発の攻撃で倒れやがった
こんな奴にてこずってんじゃねーよ



ともかく俺の攻撃によってトリアナの悲鳴が響く
二発で倒れたくせによく悲鳴上げるヒマがあったな






ここでムービーが流れ始めたので
きっと(子供相手に)兵をかばいながらカッコよく攻撃をキメる
カッコイイ俺様が表示されるだろうと思ってみていたら

なんか事実を捏造された







しかも自分の手柄のように言い出した
なんだこいつら

多分俺が盾の後ろで凄い形相で睨んでるぞ







ここでどういうワケかルエリ登場
お前帰ったんじゃなかったのかい







しかもなんか
誘拐されたロザリーを発見した時のピサロ
みたいなセリフを抜かしはじめた

いいのかこれ?






さて、ここで伝説の3戦士であるルエリが出現
しかもルエリはモルガントから逃げようとしてたから
きっと俺らがルエリを保護するんだろうなと思っていたら

何言ってんのこいつ

いやいきなりドッペルゲンガーて
どう見ても伝説の3戦士の1人だろ
お前らパラディンのくせに3戦士の事知らんのか
勉強しなさい







さすがのルエリもこのパラディンの電波っぷりに
かなりビックリした様子

というかドッペルゲンガーって普通
対象の奴にソックリなはずだろ
目の色と髪の色以外全然違うじゃねーか
こいつら下手すりゃテレビで有名人のそっくりさんとか出ただけでも
「ギャー!!ドッペルゲンガーだーー!!」とか騒ぎ出すぞ






しかしこの電波集団の中には俺がいる
きっとここで俺が出てきて
「おいおいこいつはドッペルゲンガーじゃないだろ」とか言うのかと思いきや
完全にセリフ無しで放置される
せめてなんか喋れよ
というか指揮官っぽい俺を無視すんな

しかもそれどころか無謀にも

戦いを挑んだりする

無理だ
お前らじゃ絶対無理だ
絶対殺されるぞ






こうなったらしょうがないので
また指揮を執りはじめる

しかしこいつらホント弱いな
もう1人やられてるぞ






やっぱここは俺が戦わなきゃいけないのかなー
と思っていると
近付きすぎたせいでルエリのウィンドミルに巻き込まれて

死を体験しちゃった

やべー
なんだこいつ
世界を滅ぼすグラスギブネンのレーザーの直撃を食らっても
せいぜい400ぐらいだったのに500超えて
こいつウィンドミルで世界を滅ぼせるぞ


しかし剣持たずにこのダメージか
もし剣持った状態で攻撃されたら
絶対首吹っ飛んでたな

そうなったら首だけで体当たりしたり
目からレーザー出して戦ったり
「くそっ!これじゃ手も足も出ないぜ!」とか言うハメになってたな
危なかった









そんなつまんない事を考えていたら
パラディンがどんどん倒されてムービー発生

多分4人ぐらい死んだな

人に死を体験さしといて何言ってんの?

しかも「慈愛」じゃなくて「自愛」とか言ってるし
ナルシストかお前は







このピンチな状況になんと援軍が到着







なんと騎士隊長クレイグ殿に
ドルイドとして名高い宰相エスラスに
さらに領主リアンまで援軍として到着!

え?
領主?

お前いらんだろ
なんでこいつ連れてきてんだ
つーか現在一応「領主のドッペルゲンガーが出現している」って状況なのに
領主連れてきちゃマズいだろ
ホントのドッペルゲンガーだったら領主死んじゃうよ


そういやクレイグの鎧にマントついてないな
いつもだったら黒いマントついてんのに
もしかして別人?

まあいいか
クレイグって事にしちゃおう







リアンを見たルエリが話しかける

ちょっとオレオレ詐欺に見える







リアンもルエリに気付く
これでドッペルゲンガー疑惑も消えたな






そう思っていたら

ええ!!?

何言ってんのお前!?
つーかお前ルエリと知り合いのはずだろ?







この状況にルエリも再びビックリ
プレイヤーもビックリ
というかさっきからプレイヤー置き去りだ







そしてエスラスがどうやったのか知らないが
倒れていたパラディン達を復活させた

こんな全員回復魔法とか無いはずなのに
エスラスすげぇ







そしてルエリを殺すように指示する
いいのかそれ

でもこいつらじゃ絶対無理だよな
下手すりゃ攻撃した方の剣が折れたりするぞ

この化物に対抗する唯一の手段とすれば
俺、クレイグ、エスラスのコンビネーション攻撃
(クレイグが攻撃、エスラスが援護、俺観戦)
とか出すしかないだろ







もちろん挑んだパラディンは一発で倒される
ホントダメだこいつら
下手すりゃタヌキとかキツネ相手にも負けるぞ







そして俺登場
しかし俺は一回やられてる
というかウィンドミルに巻き込まれて一回死んでる

こんな攻撃力が高い奴を倒すには
まずアイスボルトで挑発して
向かってきたところをカウンターで反撃するしかない

よーし対策はできた
まずはアイスボルト詠唱だ






そう思っていたらどういうつもりか
キャラがプレイヤーの指示を無視して勝手に動き出し 突撃

カウンター

直撃


死亡

いやちょっと待て
ゲームなのにキャラがプレイヤーの指示に従わないなんて
一体どうなってんだ

というかあんなのに突撃したらやられるに決まってんだろ


しかもどういうことかこれ以降俺の出番は無い
つまりやられ役である

金払ってるプレイヤーをやられ役として使うとか
開発側は何考えてんだ
よく韓国側で暴動が起きなかったな











状況が不利だと悟ったエスラスが
トリアナを人質にとった

それ俺がやられる前にやってほしかったな







人質をとられちゃあしょうがないので
ルエリは降伏する





と見せかけて

思いっきり戦闘態勢

こいつ人質を解放した瞬間に襲い掛かる気だ







しかしそれを見破ったエスラスは
本当に魔法を詠唱する

よくわかんないけど凄そうな魔法だ
こんなの食らったら俺のメイス2発で吹っ飛ぶ奴なんか即死だ
下手したら塵一つ残らないかもしれない







さすがにこれはマズいので、今度こそ本当に降伏する


するとエスラスがなんと人質に向けて魔法を発射!
魔法の位置と人質の背の高さからして
顔面に直撃

やべー
なんで人質を撃ったのかしらんけど
絶対頭吹っ飛んだぞ
マビノギ初のグロ画像誕生か?






そう思っていたら

思いっきり原形とどめてる
それどころか傷一つ無い
ホントに撃ったのかコレ?










撃ったかどうか疑問に思っていると
エスラスがいきなりなんか叫んだ






その声にあわせて後方からさらに援軍が到着
さっきの下級パラディンじゃ傷一つ負わせる事ができない事が判明したので
おそらく今度は下級パラディンなんかよりずっと強力な
上級パラディンとか近衛師団とかが来るに違いない

しかし

また下級パラディン軍団

いやダメだろ
こいつらじゃ絶対ダメだろ
というかそこに騎士隊長のクレイグさんがいるんだから
クレイグさんに戦わせろよ







そしてまたエスラスが叫ぶ

どうでもいいけどこいつさっきから「殺せ」ばっかり言ってるな
ジーグかお前は







ともかく下級パラディンがルエリに襲いかかる
絶対攻撃が効かないだろうなぁ







するといきなり変な黒いものが登場
ルエリのピンチ(でもない)に現れた
この謎の人物は一体誰だ!?

いや
だいたいこの鎧の部分とかでわかるけどね







もちろんここに現れたのは
ダークロードことモルガント

しかしモルガントが来たんじゃ状況はもっとマズいよなぁ
だって前回判明したとおりモルガントは
ストーカーで誘拐犯でさらにアレだし

人間側:殺せ殺せと言われる
魔族側:アレなモルガントがお出迎え

ルエリ絶体絶命
俺じゃなくてよかったー







モルガントはルエリが自分の命令に従わなかった事に
かなりキレてる様子

しかしこいつが言うとやっぱりアレな状況にしか見えん






なんか忘れられているような感じのエスラスが
さらにモルガントも殺せと指示する

しかも

何!?
俺が素手で倒した奴を倒したら特別な褒賞!?
俺に戦わせろ俺に!
誰かフェニックスの羽とかを俺に使え!!







しかしそんな魂の叫びを無視してみんな突撃

さてはみんな褒賞を自分のものにする気だな
なんてズルい奴らだ







するとモルガントの特技、瞬間移動で逃げられてしまう
だから俺に任せろって言ったのに



今回の戦いはここで終わるわけだが
どうも不可解な点が多すぎる

まず知り合いのルエリを魔族だとか言って殺そうとした事。
領主のドッペルゲンガーがいるって話だったのに領主を連れてきた事。
超魔術を使える自分や騎士隊長のクレイグさんを戦わせずに
弱すぎる下級パラディンに戦わせた事。
トリアナにエスラスの超魔法が直撃したのに傷一つ無かった事。
あとプレイヤーをやられ役にしやがった事

こうしてみるとあんだけ「殺せ」とか言ってたくせに
全然殺意が感じられない


・・・・・・
いや待てよ
もしかしてエスラスは本当に殺すつもりは無かったんじゃないだろうか?

つまりこういう事だ
まず、エスラスは極秘の情報網とかでマスダンジョンに
死んだはずのルエリが捕われているという情報をつかんだ
そこで偵察部隊として下級パラディンを送り込んだ
その送り込まれた部隊が俺ら

そして本物のルエリかどうか確かめるために領主を連れて、自分もマスダンジョンに入った
しかし弱いくせに血気が盛んな下級パラディンは、無謀にもルエリに戦いを挑んでしまう
もちろん結果は返り討ちで
さらにその内の1人(俺)に死を体験させるほどの負傷を負わせた

領主の兄であるルエリがパラディンに手を出して殺しかけたとなると、領主であるリアンの立場が悪くなるだろう
あれだけの都会の領主なんだから、その立場を狙っている部下がいてもおかしくはない
その部下達にパラディンに手を出したルエリの事を追求されるとリアンが失脚する危険性は大いにある
かと言ってルエリを殺すわけにもいかない

それを一瞬で計算したエスラスは
ルエリを殺せるだけの実力を持った自分やクレイグを戦わせずに
あえて下級パラディンに「殺せ」と命じた
もちろん下級パラディンでは殺す気で真剣を持って戦ったとしても
せいぜい傷を負わせるだけで、上手くいっても気絶させるのが限度だろう
そこで気絶したルエリを死んだと偽って
兵を引かせた後、保護するつもりだったんじゃないだろうか?

しかしルエリは予想以上に戦いなれていたので
下級パラディンがどんどんやられていった
そこで仕方なくトリアナを人質にとり
ルエリの戦闘態勢を解いた上でトリアナを殺したと見せかけて魔法を撃ち
怯んだところを下級パラディンに襲わせて気絶させようとした

しかしそこに空気を読まないモルガントが登場しちゃって
今に至る


うん、こう考えれば全ての点に納得がいく
しかしこれほどの事をあの一瞬のうちに考えるとは・・・
さすがあの若さで宰相にまで上り詰めただけの事はある
恐るべし天才ドルイド、エスラス
どっかの偽女神に騙されてホイホイ伝説の巨人を蘇らせたジジイや
ケガしてるくせに病院に行かず、雪原に薄着で突っ立っていて
赤の他人におつかいを頼みまくるメガネとかとは大違いだ









その後、シーンが変わってイメンマハに戻る
するとクレイグさんがなんか話し始めた

どうやらエスラスのやった事に疑問を持ったようだ
クレイグさんはエスラスの考えに気付いていないらしい








しかし自分は騎士なので
君主の考えには疑問を持たない事にしたらしい






ここでイベントは終了

領主の兄を助けるために部下に不信感を持たれてしまった宰相
そしてまたアレな奴にさらわれてしまったルエリ
一体これからどうなっていくのだろうか?

とりあえず続きが気になるからまだ訓練申し込みをして
クエストを進めてみるとするか

というわけで隊長に話しかける

え!?

ちょ、ちょっと待って!
いつの間に俺辞めた事になってんの!?
もしかしてまたこのキャラが勝手に動いて
俺の意志と無関係にパラディン辞めちまったって事か!?

どうなってんだよこのゲーム
つーかG2はパラディンになる事が目的なのに
勝手にそれを辞めさせてどうすんだよ

これじゃクエスト進まねーぞ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。