中の人は男のプレイ日記・改
前の日記にログインできなくなったから作り直した。 困ったもんだ
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27回-キアは巨大な罠の道
前回ラビ下級で片っ端から装備を落としたので
着るものを買う為にシモンの店に来ました

しかしシモンの店はいいね
どっかの鍛冶屋や武器屋みたいに服一着に3万とか10万とか取らないからね
高級ブティックのはずなのに庶民の味方だ





まあ適当に服や帽子を買うか
27-01.jpg
まず服はこれ
特に値段がいい
1800Gだから修理費も高くなさそうだし





27-02.jpg
次に帽子
6000Gとちょっと高めだがデザインがなかなかカッコイイ

どっかの3万もするくせに装備すると変態に変身する兜とは大違いだ





27-03.jpg
最後に靴はこれ

ところでなんで服屋に靴が売ってあるんだろう
俺がリアルで行ってる服屋には靴とか置いてなかったと思うが

それともマダムとかセレブとかが行く高級ブランド店には靴とかも置いてあるんだろうか?
庶民には縁の無いところだからよくわからんな






とにかく服を買ったんだからさっそく着てみよう


27-04.jpg
誰だこいつ

いやね、メガネをとったら美人とかいうネタとかはよく聞くよ
それに似たような感じで服を着替えたら別人のようになるってのもありがちなネタだ



でも
27-05.jpg
これが


27-04.jpg
こうなるってのはちょっと変わり過ぎだろ








ともかくイベントを進めるためにタルラークのところに行って褐色通行証を貰わないと

27-06.jpg
だから「また」とか言うなっての






さて、前回トゥーハンドソードを落としてしまったが
正直耐久が減りまくった剣に高い金を出す気にはならない

というわけで
27-07.jpg
クレイモア購入
ちょうど金曜日だからちょっと安く買えたぜ
エイレンめザマーミロ






ついでに前回は物資を持ちすぎて鍵が持てないという事態に陥った
その失敗を踏まえて今回は
27-08.jpg
食料をスペースをとらない材料の状態で持っていく
これで持っている薪を使ってダンジョンの中で料理して
アツアツのところを美味しく食べてしまうという計画だ

フハハハハハハ!今回こそ完璧だ!完璧すぎる






で、ダンジョンの中
27-09.jpg
いきなり帽子を落とす

まあ今までと違ってメチャクチャ高い回収費を請求されないからそれほどダメージじゃない






さらに進むと
27-10.jpg
なんか敵が肉を落としてる

なんだよ
食料とか持ってんならダンジョンに入る前に言ってくれよ
鶏肉とかオリーブオイルとか10個も持ってきちゃったじゃねーか






そして2階
27-11.jpg
ここまでの損害は帽子のみだから結構いい感じだな
この調子で行けるといいが




27-12.jpg
とりあえず休憩も兼ねて焚き火をして
その火で料理を作る
まさか鶏もこんなダンジョンの中で料理されるとは思ってもみなかっただろうな

そういえばこの手羽先焼きはスタミナ回復の他に最大HPと運も上がる
となるとこの料理を食べて運を上げた状態で戦えばきっと落とす確率も減るだろうな
ますます快適に進めそうだ








で、3階
27-13.jpg
なんか服落としたんだけど

運の上昇はどうなった






27-14.jpg
さらに戦っているといきなりこの状態で動きが停止した
しかし敵がまだ上下運動とかをしているからフリーズじゃないらしい
もしかして鯖が落ちたのかと思って公式を見てみても変わりない様子







おかしいなと思ってそのまま公式を眺めていると
グレムリンの泣き声が聞こえた

もしかしてと思って画面を切り替えると
27-15.jpg
やられてた

なんだこのラグ
何が原因だ?
というか運が上昇してるはずなのについてないぞ






さらにボス部屋を探してダンジョン内を徘徊していると
27-16.jpg
こんなウザい通路が出現
超ついてねー








で、ボス部屋
27-17.jpg
何生き返ってんだよ
お前、前回逃げ回って死んだはずだろ






こんな復活した黒いのなんかにかまってられないので
ウィスプ対策の本を読む

フッフッフ
これさえあれば


ウィスプ「そうかんたんに わたしが たおせるかな」
ウィスプ「この ディフェンスで きみらのこうげきは ふせぐぞ」
ウィスプ「わたしには ひるいなき ライトニングが みについた」
ウィスプ「スマッシュの きれあじを きみらのからだで あじわうがいい!」
ウィスプ「きたぞ!きたぞ!」
ウィスプ「では そろそろ いくか!」

ウィスプ「な なんだ これは!わたしの からだが!なにが おこったんだー!」
中の人は男「おまえの こうげきは かんぜんじゃないのさ!
ここに ウィスプごのほんがある!」
ウィスプ「く・・・そ・・・はかったな ・・・ピルアスー
からだが ・・・くず・・れる・・・」



という事になるに違いない

27-18.jpg
なるほど
つまり攻撃前に出す「!」を見てスキルを使えばいいんだな
とりあえず戦ってみるか






27-19.jpg
まず一体撃破
相手のスキルがわかるなら意外に簡単に戦えるな


この調子でどんどん倒していくか
さて二匹目いくか






27-20.jpg
何横から魔法撃ってんだ

どうやらこいつは可視範囲が広くて
遠くに居ても魔法を撃ってくるらしい

まったく生き返ったらずいぶん粘着質になったな
しょうがないからこいつから倒すか






というわけで
27-21.jpg
また追いかけまわす
逃げてもムダだバカめ






27-22.jpg
逃げてもムダだと悟ったのか接近戦を挑んできたが
カウンターであっさり返り討ち






27-23.jpg
で、カオナシ撃破
大人しくしていれば寿命が10分ぐらい延びたものを









27-24.jpg
さて、続いてこの大量のウィスプを倒さないと

ちなみに右端にある黒っぽいのはおバカなカオナシの足






27-25.jpg
ウィスプ語の本に書いてあった事を忠実に守って対処するが






27-26.jpg
本読んだだけで勝てたら誰も苦労しねぇ






27-27.jpg
その後もなんとか粘って最後のウィスプを撃破

ここまで来るのに苦労したなぁ






27-28.jpg
そして奥の宝箱で魔族メダルと金貨を入手




27-29.jpg
これが魔族メダル
わざわざご丁寧に「司祭に見せろ」と書いてあるので
ダンジョンを出て聖堂に向かう








27-30.jpg
まずは初対面の人を宗教に勧誘しようとするカムガン司祭






27-31.jpg
「司祭が持っている普通のメダル」らしい
なんでそんなもんをあんなカオナシが持ってたのやら

ついでに「他の司祭にも話を聞いて来い」と言われたので
たまたまティルコネイル行きのムーンゲートが開いていたのでそれを使用して他の聖堂に向かう






27-32.jpg
次は他人を宗教に引き込もうとしない常識派のエンデリオン司祭に話を聞く

メイブン司祭に話を聞けという事なので聖堂の中に入る






27-33.jpg
で、壷の売り上げに定評がある勧誘組のエースであるメイブン司祭

メダルを見せろと言うので素直にメダルを渡す






27-34.jpg
27-35.jpg
すげぇ鑑定能力
触っただけでここまでわかるとは
流石に勧誘組のエースともなるとここまでの能力が身につくのか






27-36.jpg
27-37.jpg
鑑定人によると「裏に書いてある文字は魔族文字なので普通の人間には読めない」とのこと
なんでこれが魔族文字ってわかるんだ

ともかく魔族に読んでもらわないといけないけど
知り合いに魔族なんていたっけな?

魔族・・・・魔族・・・・
魔族→人と敵対している→人に危害を加える→しかもそれを喜ぶ






この法則によると心当たりが一人だけいる
それは
27-38.jpg
ファーガス

こいつは冒険者の武器を破壊するのを生きがいにしている危険な奴だ
その武器を破壊するってのは魔族の幹部から与えられた指令とかと考えれば十分納得できる

さあネタは上がってるんだ
素直に全部はいてもらおうか






27-39.jpg
しかし相手は黙秘権を使うつもりらしい

おのれ
こんな厄介な法律さえなければ事件は解決するのに










そういえば公式ムービーの闘技場が出てきた場面で
入り口のところに魔物っぽいのがいた気がするな
行ってみれば何かわかるかも

27-40.jpg
というわけで闘技場に来た
実はここに来るの初めてなんだよな

ついでに裸でうろつくのはどうかと思ってローブを購入した






27-41.jpg
で、これがその闘技場の魔物
なんか顔色が悪いな






とりあえず話しかける
27-42.jpg
意外に言葉使いがいい
この世界じゃ珍しいな






27-43.jpg
どうやら人間に育てられたので
こんな丁寧な言葉使いができるらしい

きっと育ての親は公務員かなんかをしてたな

とりあえず魔族メダルについて聞いてみる






27-44.jpg
お、なかなか物分りがいいじゃないか
さあこのメダルについて聞かせてくれ






27-45.jpg
なんだそりゃ

何か教えられない理由でもあんのか?






27-46.jpg
あーなるほどねー
交換条件ね

うんうんさすがに人間に育てられただけの事はあるな
人間の世界の事をよく知っている


とりあえず育ての親とやらはちょっと出て来い
制裁を加えてやる






27-47.jpg
とにかくダンジョンで落とした指輪を探してほしいらしい
お前そんなの官庁に頼めよ

まあいいか
向こうで下級通行証を用意してくれるみたいだし
タダでキア下級に入れると思えばこっちも結構お得だな






27-48.jpg
で、クエストスクロールが到着したが
下級通行証は来ていない


どういうつもりだろう
なんか条件でもあんのかな

というわけでwikiを見てみたら
下級通行証は自分で用意する必要がある
という文字が目に飛び込んできた



あのゴロ野郎め
俺を騙すとはいい度胸だ
いつか奴の風呂場に侵入してシャンプーとリンスの中身をすり替えてやる






27-49.jpg
とりあえず巨大クモを強襲して通行証を奪いに行く






27-50.jpg
なんとか通行証を入手
実はこれを入手するのに2時間かかった











27-51.jpg
そしてキア下級に到着
前回着た時は尻尾を巻いて逃げたが今回はそうはいかないぜ






27-52.jpg
まず最初の部屋には俺を倒しやがったラットマンが出現






27-53.jpg
しかしあの時より超パワーアップしている俺の敵ではない
片っ端から叩き潰してやるぜ






27-54.jpg
次の部屋もラットマン
何体来てもムダだアホめ






27-55.jpg
次の部屋もまたラットマン

ハハハハハお前らじゃ俺様の相手にはならんぜ
いっその事全員でかかってきやがれ






27-56.jpg
本当に間髪入れずに襲ってこないで下さい

冗談が通じないんだからなぁ






27-57.jpg
しばらく進んで2階への階段を発見
手前の部屋でラゴデッサが異常発生して怖いのでさっさと降りる









27-58.jpg
2階ではいきなりラゴデッサが出た

しかし前にも言ったように所詮クモの強化版
攻撃→防御の繰り返しで簡単に勝てる






とか思っていたら
27-59.jpg
防御を貫通された

なにこれ
こいつらこんな能力があったのかよ

負傷しまくりで最大HPが減ってる状態で
貫通する可能性のある敵と戦うのは危険すぎるな
英語で言うとデンジャラスすぎるな
さらにエセ外国人風に言うと「オーウ これはデンジャラスデスネー」






27-60.jpg
ダンジョンの奥に進んでいくとあの鍵がかかった宝箱部屋についた

前回は金貨のみという悲しい結果に終わったが
今回はニオイとかでレアなアイテムを当てなくては

まずは宝箱の鍵を持っている敵を探さないとな






で、しばらく進んで
27-61.jpg
ワーイ下層への階段だ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


宝箱の鍵は!?

宝箱部屋からここまで全部の敵を倒してきたのに
どうなってんだこれ









宝箱を惜しみつつ次の階へ
27-62.jpg
3階には「刺ラゴデッサ」という敵がでた
「鎌ラゴデッサ」はわかるけど『刺』ってなんだ?
槍ラゴデッサとか針ラゴデッサとかにすりゃわかりやすいのに






こいつもラゴデッサだから貫通するのだろうか?
と思い攻撃をディフェンスで受け止めてみる

すると
27-63.jpg
すごい貫通っぷり

いやちょっと待って
いくらクリティカル発動だからってディフェンス使用時のダメージが43ってありえないだろ

しかも容量節約の為に画質を下げたらエフェクトの赤と同化してダメージが見えなくなってるし



とにかくひどい奴だこのラゴデッサとか言うのは
ウジャウジャ出てきて倒すのがめんどいし
ディフェンスは貫通するし
しかもHPが高くて一匹倒すのに結構なスタミナを使うときたもんだ

まったくもう2度と戦いたくないな




と思っていたら
27-64.jpg
何だこの大金
Hugeだからってちょっと出しすぎだろ



いや前言撤回
このラゴデッサというのはとってもいい奴らだ
きっと性格もよくて友達が沢山いるに違いない
特に大金を持っているってところがいいところだ






そしてこのいいラゴデッサ君から金を巻き上げてさらに進むと
27-65.jpg
タイトル付きのラゴデッサ君が出現

この「体を張った」ってタイトルはたしか仲間をかばってダメージを受けると貰えるタイトル

ということはこのラゴデッサ君は味方の犠牲になって攻撃をくらった経験があるのか
さすがラゴデッサ君だ
もう並のいい奴じゃないな






27-66.jpg
そしてさようなら体を張ったラゴデッサ君
君の勇姿は忘れないよ








27-67.jpg
そしてボス部屋に到着
焚き火をして残った食材を料理する

そういや手羽先ばっかり食べてるためか体型がえらいことになってる
肉食うと太るってのはわかるけど
こいつダンジョンの中で戦闘をしたり走り回ったりして
食べた分のカロリーは消費してると思うんだがな

食ったら運動しても太る世界ってある意味すごいな
エネルギー保存の法則とか相対性理論とかに反してそうだな
上の法則とか理論とか何の事かわかんないけど






さて、このダンジョンのボスはメタルスケルトンとゴーレムだが
一回戦った事があるので、普通に書いても面白くない

というわけでsaga2のビーナスの世界のラストを再現してみようと思う

ちなみにビーナスの世界は美しいものしか居てはいけないというとんでもない世界である
当然そこの住人もイケメンや美女だらけって事になるが
それをメタルスケルトンとゴーレムで演じさせるのである

なんかもうムリっぽいなぁ



27-68.jpg
ゴーレム「オリビア なんじは このおとこユリウスを おっととし
しょうがい あいすることを ちかいますか?」

オリビア「・・・ゴーレムさま わたし・・・」

ゴーレム「オリビア!ちかいますね?」

オリビア「・・・・は・・・・は」





27-69.jpg
アントニー「オーリービーアーー!!」



27-70.jpg
オリビア「アントニー!!」

アントニー「ゴーレム!この魔符のちからで
おまえをたおしてやる!」

ゴーレム「ほう まだ魔符が あったとは・・・・
しかし おまえのような ほねが ナイフ1つで なにができる?」





27-71.jpg
(吹き飛ばされるアントニー)

オリビア「ア アントニー・・・・」

ゴーレム「おまえごときが このわたしに ゆび1ぽんでも
ふれることができると おもっていたのか バカめ」

オリビア「おねがいです ゴーレムさま
このひとを ゆるしてやってください
わたしは ユリウスとけっこんします
ですから どうか おゆるしを!!」

ゴーレム「オリビア あなたはわたしに さしずするつもりですか
このおとこを たすけろと?」

オリビア「そんな ゴーレムさま!
ただ わたしは・・・・おねがいです おゆるしを・・・・」

ゴーレム「だめです! そこをおどき!」





オリビア「・・・・・・・・いやです!いま はっきりわかりました
わたしアントニーを あいしています もう なにもこわくありません!!
ここをでて かべのそとへいきます」

ゴーレム「そんなことは ゆるしません」

オリビア「それでは こうすれば」

27-72.jpg
オリビアは アントニーのナイフで
じぶんのひたいに きずをつけた

オリビア「さあ これでわたしは ここには いられません
かべのそとへ ついほうしてください」

ゴーレム「なんということを!!うつくしさを はかいするとは
わたしにたいする うらぎりです!ゆるせません!!」





27-73.jpg
中の人は男「そこまでだ!ゴーレムさんよ やりすぎだぜ」





27-74.jpg
中の人は男「おい だいじょうぶか ゆうきがあるよ あんた」

アントニー「すみません・・・・」

中の人は男「魔符は かえしてもらうよ」

メタルスケルトンの魔符 を てにいれた!

中の人は男「このさきは おれに まかせな!」

オリビア「あなたは?」

中の人は男「わるいようには しないよ」





27-75.jpg
ゴーレム「おまえまで わたしに さからうのか!」

中の人は男「いまのあんたが いちばん みにくいぜ!」







うんそうなんだ
最後のあのセリフが言いたかっただけなんだ

しかもこれ撮るのに1時間半もかけちゃった
アホだなぁ






27-76.jpg
とりあえず気を取り直してゴーレムと対戦
まあ普通にファイアボルトとカウンターの繰り返しで




27-77.jpg
10回ぐらい死にながらなんとか撃破

さて奥の宝箱に直行だ






27-78.jpg
宝箱の中にはゴロのリングの他に太い木の棒が入っていた

そういえば前回入っていた木の棒には確か「フォックス」のエンチャントが付いていた
あのエンチャントは確か最大ダメージが上昇の素晴らしいエンチャントだった
(抽出失敗して燃えたけど)

もしかしたらこの木の棒もそのエンチャントが付いてるのかもしれない
そうだとしたらかなりラッキーだな
よっしゃさっそくアイテム欄でエンチャントの確認だ






27-79.jpg
なにこれ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。