中の人は男のプレイ日記・改
前の日記にログインできなくなったから作り直した。 困ったもんだ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12回-下着を投げる男
最初は使いにくいような気がしたファイアボルト
でもこれ使い慣れると一発のダメージが大きいのでなかなか使いやすい

そんな感じでバシバシ使っていたらいつの間にかトレーニングが完了
こうなったらもう次のランクに進むべきだな





というわけで魔法学校に次の授業の申し込みに

前回は金が足りなくてあわてて熊を倒して金を作ったが今回は違う
ちゃんと耳そろえて4000G貯めてから来たもんね
12-01.jpg
フッフッフさすが俺だ
さて授業受けさせてもらいましょうか先生





12-02.jpg
え?
ななせん?





ラサ「なお この学校の主旨は私の懐を暖かくすることでございまして、受講者には若干高い授業料を支払っていただきます
アイスボルト、ファイアボルト受講者の方々の授業料は4000Gとさせていただきます
あと・・・・・・このライトニングボルトの授業料ですが
他の魔法と違い少々高めの値段とさせていただきます
この授業は3日間ほどの予定・・・・・・
予定通り進めば他の魔法の授業料に7.5割ほど上乗せして支払っていただければ結構という
非常にリーズナブルな授業料となっております」


中の人は男「・・・・・・・・・・・・7.5割アップ・・・・・・?」


ざわ・・ざわ・・ざわ・・ざわ・・


ラサ「質問が無ければ順番に・・・」


受講希望者A「待てっこらっ・・・・・!7.5割アップたぁなんだ・・・・!
な・・・・・なめてんのか・・・・・!足元見るのもいい加減にしろっ!」

受講者B「そうだっ・・・!」


ラサ「いえいえ、とんでもございません
非常に良心的授業料でございます」


受講希望者B「なんだと~~~~~!」

受講希望者C「ぶっ殺すぞ・・・・!てめえっ!」

受講希望者B「どこの世界に授業料を7.5割増やすなんて話があんだよ・・・・!暴利もいい加減にしろ・・・!」

受講希望者D「殺すぞっ!くそ野郎・・・・・!」

受講希望者E「悪党っ・・・・・!」


ラサ「ククク・・・・・とんでもない
若き戦士に魔法を教えるため、この学校を始めた私が悪党なわけがない
私は皆様に魔法習得という、未曾有のチャンスを与えているのです
授業料を7.5割アップで払うくらい、その未曾有のチャンスを考えれば安いもの
7.5割は非常にリーズナブル。良心的値段でございます」


受講希望者A「ふざけるなっ・・・・・・!ふざけるなふざけるなっ・・・・・・!
クズ野郎っ・・・・!まだ取ろうってのか!
オレたちみたいなバイト暮らしを逆さにふって、まだ取ろうってのかよっ!
いい加減にしろよ!いい加減にその・・・・・授業料って考え捨てろよっ・・・・!
やめるぞっ・・・・・!あんまり無茶言うとオレたちは皆 授業を受けない!」


ラサ「ククク・・・・・・どうぞどうぞ。引き止めはしません。どうぞおやめください
やめて戦闘は接近戦と弓のみで行うというのも、これもまた一つの選択
止めません。どうぞご自由に・・・・・・・・」


受講希望者A「う・・・・・・・・・うう・・・・・・・」


ざわ・・ざわ・・ざわ・・


中の人は男「・・・・・・・汚ねえ・・・・・
オレたちはそういう選択ができないからこそ、この学校に来てるんじゃねえか
足元見るとはまさにこのこと・・・・・・
・・・・・・・こいつ・・・・死んだら地獄行きだぜ・・・・ど悪党・・・・・!」


受講希望者A「くそっ、くそっ、くそっ」


ラサ「いかがなさいますか・・・・・・?○○様」


受講希望者A「・・・・・・・・・くそっ・・・・・・・
アイス・・・・アイスボルト受講だっ・・・・!くそ野郎っ・・・・・・・!」


ラサ「ありがとうございます・・・・・!次の方」


受講希望者B「××アイスボルト受講」

受講希望者C「△△アイスボルト・・・!」

受講希望者D「□□アイスボルト受講・・・・」


中の人は男「ケッ・・・・・・聞くまでもねえ
皆下限のアイスボルトに決まっている
だってそうだろ・・・・・・?なんでわざわざあいつらの利益のために
高い授業料を出して授業を受ける必要がある・・・・・!ふざけるなっ・・・・・!」


スチュアート「ククク
どいつもこいつもボンクラ・・・・・・・話にならん
何を習うかわからんちゅうに・・・・・・アホちゃうか・・・・・?」


中の人は男「あっ・・・・」


スチュアート「スチュアートや。ライトニングボルト受講・・・・・」


ざわ・・ざわ・・ざわ・・


中の人は男「・・・・・・・う・・・・・・
いけねっ・・・・!オレ寝ぼけてやがるぞ・・・・・!
あんな男に同情してどうする・・・・・?教師のあくどさを呪うのも今はやめとけ
今はただ強力な魔法を取得することだけを考えりゃいい
この世界の戦闘は負けられない・・・・・・
負けたら経験値どころか装備品まで失う危険性がある戦闘じゃねえか・・・・
あのスチュアートってメガネさえてる・・・・
そうだ・・・よく考えたら まだどんな敵が出るのかオレたちは知らない
オフラインゲームのRPGみたいに魔法しか効かない敵だっているかもしれない
魔法はあればあるに越したことはない
仮にそういう敵がいないとしても戦闘をする者にとって遠距離攻撃は寿命・・・・・・・・・
目先の損得に走って自ら命を縮めることはない。助かった・・・・・危ないところだった・・・・・・」


ラサ「次の方・・・」


中の人は男「そうさ・・・・・・・・!限界までいこう・・・・・・・・・!
中の人は男、ライトニングボルト受講・・・・・!」







というわけで教師スチュアートの話術にまんまと引っかかって授業を受けることに

しかし7000Gなんて大金はそう簡単に用意できない
服新しくしたばっかりだし

そういえばこのゲームにはNPCにアイテムをプレゼントするシステムがある
もしかしたらいいアイテムをプレゼントしたら

プレゼントする

ラサ「おお素晴らしい品物だ!お礼にお前の授業料タダでいいよ!ついでにAPを200ほどあげよう!」

という展開になるかもしれない
よっしゃ早速プレゼントを仕入れよう
しかも一番高い品物をプレゼントしちゃお





というわけでダンバートンの雑貨屋
さあオッサン一番高いプレゼントをもらいましょうか

12-03.jpg
下着セット

いやこれはちょっとまずくないか?
男が女に下着を送るとか下心丸出しじゃん
でも一番高いプレゼントとか言っちゃったしな

まあいいや
これ以上状況が悪化することもないだろ





というわけで下着を握りしめて学校に走る
12-04.jpg
下着を渡す俺
普通に考えたら妙な状況である





で結果
12-05.jpg
すごい喜んでる
もうこの世界ホントわけわかんね

つーか会話からして俺渡すときに「これ使ってから返せ」とか言ったのか?
それヤバいだろ
俺は夜中にナイフ持って下着姿で爆走とかしたけど
使用済み下着を欲しがるほどそこまで変態じゃないぞ





っとそんなことよりこれだけ喜んだんだ
この状況なら授業料割引とかありえるかもしれんぞ
さーて授業料は・・・・・

12-06.jpg
変化なし

やっぱその下着返せ








下着をあげたのに定額料金で授業開始
12-07.jpg
今回の授業を終わらせると魔法使いとしてデビューできるらしい
そうなったらこの学校で俺も生徒から高い授業料とかもらって嘘教えまくったりできたらいいのに




12-08.jpg
しかも今回は最後に課題付きらしい
高い金取る上に課題までやらせんのか




12-09.jpg
一時間目の授業はファイアボルトの溜め撃ちについて
先生これ知ってるよ
ってかファイアボルト使えるようになって溜め撃ち知らない人のほうが珍しいよ




と、俺知ってるもんねーって態度とってたらすごい質問が来た
12-10.jpg
ヤッベ全然わからん
とりあえず「保存法則」を選ぶ




12-11.jpg
不正解
間違えたから
「このチンピラが!オレをナメてんのかッ!何回教えりゃ理解できんだコラァ!
高い金払って授業受けてるくせになんでいきなり間違えてんだ
この・・・・・・・・ド低脳がァ――――――――――――ッ」
とかやられるかと思ったら冷静な対応




12-12.jpg
話の内容からして質量保存よりエネルギー保存の法則の方を思い浮かべると思うんだが
ところで質量保存とかエネルギー保存ってどんな法則だったっけ

まあいいや




12-13.jpg
火球がでかくなるのはお互いが引き合うかららしい
これ他の人が唱えたファイアボルトを引いてしまったりしないのか?
魔法は奥が深い




12-15.jpg
そんなこんなで授業終了
実力が伸びないのはAPが不足してるからですよ先生








次の日

12-16.jpg
教会のメイブン司祭(全NPC中話しかけられる回数ワースト1)の目の前でお経を唱える
もちろんただの嫌がらせである




嫌がらせもしたことだし学校に行くか
12-17.jpg
どうやらこの魔法学校はこの授業が終われば卒業らしい
じゃあ最後ぐらいビシっと決めるために
今までよりずっと授業の内容を聞かずにすごしてみよう




というわけで表示されるSSに注目
12-18.jpg
飛び掛ってくる狼を素手で捕まえる先生
どうでもいいけどあと一撃で死にますよ先生




12-19.jpg
宙に浮いている先生
魔法を使いこなすとこんな事もできるようになります




こんなどうでもいい事に集中していたら授業で何を言っているのかわからなくなる
12-20.jpg
なんのこっちゃ




こんなことで今回の授業終了
12-21.jpg
俺も早く感じる
今回は特に








次の日

12-22.jpg
教会のメイブン司祭(全NPC中重要度ワースト1)を変な宗教に誘う
もちろんこれもただの嫌がらせである




さて最後の授業を受けに行くか
12-23.jpg
授業聞かなかったり下着渡したり放火したりする生徒が卒業するのでなんか嬉しそうです




12-24.jpg
あれ?
そういや俺なんで魔法習おうと思ったんだっけ

えーっと・・・・・・・・





あ!そうだ!!
メガネ君の経営してるヒ・ミ・ツの店に入るためだ!
授業料の事とかですっかり忘れてた

この魔法覚えたらメガネ君に話してみよ




目的も思い出したことだし授業開始
12-25.jpg
最後の授業は詠唱中のスキを埋める方法らしい




12-26.jpg
早い話が「仲間に敵を押し付けて魔法使え」ということらしい
ひどい話だなぁ





12-27.jpg
最後の講義も無事終了
いやあ長かったな





12-28.jpg
最後に課題を出すらしい
そういや授業の最初にそんなこと言ってたな

さて「ムズかしい課題」とかいったいどんな内容なんだろ





12-29.jpg
内容:アルビダンジョンのクリア

また巨大クモと戦うのか
まあ何回もクリアしてるから余裕の課題だな
ハッハッハ難しい課題などと脅かしおって





12-30.jpg
いや怖がってないから!

俺並に話を聞かない人になったな先生
俺の影響か?





12-31.jpg
最後になんか英語で言葉を贈ってくれた

えーっとneglectが無視って意味でeffortsはわからん
それでfortuneが運命だったかな?

ああもうよくわからん
エキサイト翻訳で翻訳しちまえ




で、翻訳結果
「努力を無視しないでください。そうすれば、それはあなたへの財産です。」

つまり「努力すれば報われる」って事か?
なんか普通すぎてつまらんな
和→英→和で変な翻訳にしちまえ




結果
「努力を無視しないでください。 そうするなら、それはあなたへの特性です。」
なんだ特性って





こんなことして遊んでたら手紙が来た
12-32.jpg
じゃあダンジョンに行くか





12-33.jpg
で、もうボス部屋に到着





こいつとはもう何度も戦ったから攻略法がわかっちゃっている
12-35.jpg
ほーらディフェンスでこの通りダメージ1
余裕だな余裕





12-36.jpg
いて





微妙に攻撃をくらいながら勝利
12-37.jpg
調子のりまくり
さーて宝箱のスクロールいただいて帰るか



手に入れたスクロールを使用
12-38.jpg
うんわかってたさ
失敗するぐらいわかってたさ
ついでに武器の耐久度がまた減ったのも予想通りさ
アハハハハハハハ








さて報告しにいこ
12-39.jpg


12-40.jpg
ライトニングボルトをゲット






12-41.jpg
そして講座終了
全課程を修了したんだからこの学校で雇ってくれればいいのに






さてライトニングボルトを習得した
前回、前々回とAPが不足して魔法を使えなかったが今回は違う
最初に4000Gを用意してから話しかけたようにAPも3ポイント溜めてから話したもんね

さーて7000Gの魔法を覚えさせてもらいましょうか

12-42.jpg
また騙された


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。