中の人は男のプレイ日記・改
前の日記にログインできなくなったから作り直した。 困ったもんだ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
251回-まわれMerry-Go-Round めくるめくフューチャー 負けないCRY信じて
どうも、パワプロ2012決定版のサクセスで
「能力値一切上げずに、特殊能力ばっかり付けまくったら面白いんじゃね?」
とか思って実際に作ってみたら、なんか普通に強い選手になってビビった。
そんな中の人は男です。

いやさ、ミートGパワーFの選手なのに
ローボールヒッター+広角打法+パワーヒッターのおかげで強振で打ったら普通に130mぐらい飛ばしてホームラン出るし
固め打ち+粘り打ち+流し打ち+アベレージヒッターで普通に安打も打てるし
チャンス5+逆境で負けてる時はアホみたいにミートカーソル巨大化するし
マイライフで使ってみたら、一軍上がった瞬間、普通に5番とか打ってた。

能力値なんていらんかったんや!


前回のあらすじ
・ミレシアン無双
・黒仮面怒りの人間辞める宣言
・ルエリ「戦国時代の日本ってさ、政略結婚が日常茶飯事だったんだよな」
   俺「ああ、確かに。当時は結婚は家同士の結びつきって考えが強かったらしい」
 ルエリ「でさ、幼い女の子供を大名の家に嫁がせるってのも普通だったらしいな」
   俺「ああ、例えば『利家とまつ』で有名な芳春院は数え12歳で嫁いで、翌年女児を出産したらしい」
 ルエリ「なるほど、話は変わるけどタイムマシンってどこに行けば買えるの?」
   俺「江戸時代でなぞなぞでもやってろ」


さてドラマの続き…の前に、やっとグランドマスターの印が20個集まったので
今回はそれについて書いていこう。


251-01.jpg
そのグランドマスターミッションだが、何回かこなしてるとブライスとかまで出てきた。
なんか「マスターソロ」とか、偉そうな称号を付けてる。

ってかさ、こいつレベルで「マスターソロ」なら
俺だったらグランドマスターソロも余裕じゃねーの?
運営は速やかに「ソロ」の称号をプレイヤーも使用可能にするように。

あ、効果はSTR+1000ぐらいでいいです。
251-02.jpg
20個集めたら、こんなメッセージが出たぞ。
金の証書か。
確かレザールから買えるんだっけか。




251-03.jpg
早速購入…
って、え?代金100万ゴールド?

なんか「最近、金の値段がメッチャ高騰してるから100万ゴールドね」
とか言ってるけど、金とかバリや海辺にゴロゴロ落ちてますけど?

金で作るなら、3000ゴールドぐらいでいいだろ。





251-04.jpg
ともかく100万ゴールドを握らせてグランドマスターゲット。
テロップが流れたぞ。

たださ、「グランドマスターなりました」て。
何でカタコトなんだよ。



さて、ここで俺がなぜグランドマスター戦士を選んだか書いておこう。
理由は簡単。
グランドマスタータイトルで人間で一番STR補正が高かったのが戦士だったからだ。
その補正値は堂々の90。

さて、なぜ俺がここまでSTRに固執しているかと言うと、原因はドラマ予告編のシャマラRPだ。
みんなも覚えているだろう。
シャマラがSTR1500とかいうぶっ壊れたステータスでグール軍団を紙きれのように切り裂いていたことを。
俺はアレを見て「もしかして、俺もSTR鍛えまくれば秘密会談クエストクリア出来るんじゃね?」
と思い、STRを増やしまくっていたのだ。

そこから俺はSTRが増える採掘や木工、近接戦闘スキル全般にバーサーグなど
STR増加スキルをアホみたいに修練しまくっていたのだ。
さらにエンチャント効果も踏まえて、STRや最大ダメージ、クリティカル率が上がる装備を揃えまくった。



251-05.jpg
その装備がこれだ。
・アラド大陸イベントで入手した「堂々とした地震」アクセサリー×2
・これまたイベントで入手した「蔓小手先」兜
・やはりイベントで入手の「ストライダー優雅な」ブーツ
・「防御ダウンなんてダッセーよなwwwwwww」「帰ってプレステやろーぜwwwwwww」
と思っていたが、よく考えたら防御3ダウンなんて大した補正じゃないなと気づき
さらに数値が地味に優秀だった、オーウェン提督から受け取った友情の証であるグローブ。
・あと巨人の修道服。

イベント入手品がほとんどなので、あんまり入手難易度は高くないが
どれも優秀な補正のついたアイテムだ。

え?なんか服だけショボいんじゃないかだって?
いやね。当初は服も
「特別な初演」とか作ろうと思ってたんだよね。
で、褐色荒野オオカミを2時間ぐらいぶっ続けで倒しまくってESをゲット。
ちょうど木曜日だったので貼り付けを行ったら


下地のAランクは成功率80%で失敗するし
   ∩___∩             ∩___∩
   |ノ      ヽ            |ノ      ヽ
  /  (゚)   (゚) |          /  (゚)   (゚) |
  |    ( _●_)  ミ         |    ( _●_)  ミ  肝心の初演ESは成功率56%なのに
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ    /彡、   |∪|  ミ      2連続大失敗でES自体が使えなくなるの♪
/ __  ヽノ   Y ̄)  |   (  (/     ヽノ_  |       
(___)       Y_ノ    ヽ/     (___ノ
     \      |       |      /
      |  /\ \     / /\  |
      | /    )  )    (  (    ヽ |
      ∪    (  \   /  )    ∪
            \_)  (_/




      ∩___∩
   (ヽ  | ノ      ヽ  /)
  (((i ) / (゜)  (゜) | ( i))) その上耐久減少は合計じゅ・う・に☆
 /∠彡    ( _●_)  |_ゝ \
( ___、    |∪|    ,__ )
    |     ヽノ   /´
    |        /


というエンチャントシステム作った奴をぶん殴ってやりたい事件が起き
心が折れて「もう服はこれでいいや」となり、こんな微妙な服となったのだ。





251-06.jpg
ともかく、これら全てを装備して、STRは堂々の727。
ビームサーベル二刀流でダメージも554という、破格の数値が表示された。

シャマラのSTR1500には遠く及ばないが、これだけの攻撃力があれば、イケる気がする。
早速タルティーンに飛んでチャレンジだ!!





251-07.jpg
という訳で懐かしの秘密会談クエスト。
開幕変身+半神化で、スタートダッシュを決めてやるぜ!!

しかし、今まで書いてきたとおり、このクエストは一筋縄ではいかない難易度だ。
ここは何回失敗しても諦めない不屈の闘志が必要となるだろう!
失敗しても反省点を顧みて、次回のチャレンジの礎とするのだ!
さあ行くぞ!ソウルストーンの貯蔵は十分だ!




251-08.jpg
あ、なんか普通にいけたわ。

しかもまさかの一回目でクリア。
え、なにこれ拍子抜け。
いや、クリア出来るに越したことはないんだけど…

ウィンドミルで普通に1000ダメージとか出るから
クリティカルが出ればグールが一撃で仕留めれるし、
出なくても2、3発で普通に倒せたわ。
クローカーとかもスマッシュすれば普通に死んでたし。




251-09.jpg
ちなみに、3回目の沸きで「契約のホローナイト」なんていうボスっぽい敵が出たんだよね。
でもなんかこいつも剣持ってぐるぐる回ってたら死んでた。





251-10.jpg
この死闘を切り抜けたことによって、4人の間に友情が芽生えた。
これによって会談は大成功となる。
ヨカッタヨカッタ。




251-11.jpg
で、次はエレモンに話しかけに行けばいいのか。

えーっと、エレモン…?
あ、思い出した。タラの王女だ。
しばらくG16進めてなかったから、エレモンが誰か忘れている人がほとんどだろう。
今までのストーリーのおさらいも兼ねて、ここは俺とエレモンがどういう関係だったか記述しておこう。



~俺とエレモンの間にあった出来事のあらすじ~

中の人は男は、ベルファストの使いとしてエレモンと対面した。
しかし対面する前、中の人は男とエレモンは外で出会っていてその場で一悶着あったのだ。
その時、エレモンは剣を抜き、中の人は男を斬り捨てようとした。
その剣撃をかわし、中の人は男はエレモンを殴り飛ばした。

対面した男が、自分を殴り飛ばした男だと気付いたエレモンは、中の人は男に剣を突きつけた。
一触即発の空気が場を張りつめる。


中の人は男「手前、中の人は男と申す。タラ王家の作法とは、ほとほと変わっておるな。
        人と話すのに、いちいち刃を向けねばならぬのか?」
エレモン「貴様…ベルファストの使いだからと言って、この私が斬らぬとでも思っておるのか」
中の人は男「名は?木石にあらねば名ぐらいあろう…」
エレモン「き…貴様~~~~!」

この状況を見かねたタラ王家家臣、カーロウが二人の間に割って入る。

カーロウ「ひ…姫!お待ちくだされ!
      中の人は男殿の申し様、いちいちもっとも!
      姫!なにとぞお平らに…!」
エレモン「ええい、うるさい!!」

エレモンは仲裁に入ったカーロウを蹴り飛ばした。
その様子を見た中の人は男は目を見開き、次の瞬間、素手でエレモンの持つ剣を叩き折った。
そして渾身の力を込めてエレモンの左頬を殴り飛ばした!
勢いよく床に叩きつけられるエレモン。
慌ててカーロウが中の人は男を止めにかかる。

カーロウ「ま、待たれよ中の人は男殿!
      この席はあの時の席とは違う!
      この席の事に何万の者の生命がかかっておるのだぞ!」

しかし中の人は男は、止めにかかったカーロウを力任せに振りほどいた。

中の人は男「餓鬼に言葉が通じるか!!
        ならば拳で語るまでよ!!拳こそが言葉だ!!」
エレモン『あ…熱い…この者の拳、熱い…!この熱さは…!』

エレモンは急逝した父、エフル・マクルル2世の事を思い出していた。


~エレモンの回想~

幼い頃、エレモンは女児というだけで実の母親から辛く当たられていた。
部屋で泣きじゃくるエレモン。そこに父であるエフル・マクルル2世が現れた。

エフル「どうしたのだエレモン」

エレモンが涙声でエフル・マクルル2世に問いかける。

エレモン「ち、父上!私は…私は出来損ないでございますか!」
エフル「!」
エレモン「父上も私がお嫌いですか!?
      母上と同じように、王座を継げぬ女児である、この私がお嫌いですか!?」

その言葉を聞いたエフル・マクルル2世は、エレモンの頬を叩いた。

エレモン「ち、父上…?」
エフル「よいか、お前の姿形は神仏が与え給うたもの。
    ならばその眼に見えるはずだ!父の心が!父の心底が!!」

エフル・マクルル2世はエレモンを嫌ってはいなかった。
深く愛していたのだ。
それに気付いたエレモンは、涙を流していた。

エレモン「ち…父上……」
エフル「お前は…わしの宝じゃ…」

~回想~


中の人は男「参れ!存分に語り合おうぞ!!」
エレモン「おおおおお~~~っ!!」

2人は殴り合った。恥も外聞もなく拳で語り合ったのだ。
殴り合い、倒れこむ2人。2人の間には奇妙な友情が芽生えていた。

エレモン「…余がタラ王家後継者、エレモンである」

ふいにエレモンはにやっと笑い、自らの名を名乗った。
その笑顔は傲慢で不遜な態度を取っていた王家の後継者のものではなく
さわやかな漢の笑顔であった。

~俺とエレモンの間にあった出来事のあらすじ~


   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、   /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. _/|  _/|    /   |  |  ― / \/    |  ―――
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     |    |  /    |   丿 _/  /     丿
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ



関係がよくわかった所で、続きに行こうか。





251-12.jpg
ベルファストに戻り、提督とエレモンに報告する。
おお、俺の信頼度がうなぎのぼりだ。


ってかさ、こんだけ俺、信用されてんならさ。
ドラマでエルフとジャイアントに援軍要請とかせずに普通にコイツらに援軍要請すればよかったんじゃね?





251-13.jpg
その後、エレモンと話してたらこんな事を言い出した。
え?マジで?じゃあ俺あっちで寝てるわ。

ってか、こんな事言ってくれたNPCって今までで初めてじゃね?
今までは

「おうお前ちょっと魔族の本拠地に単騎特攻してこいや」
「ドラゴンとタイマン張れ」
「軍の為に影世界で戦ってこい。あ?報酬?ねぇよそんなもん」
「やらないか」
「この世界を楽園にする為にはミレシアンを生贄にする必要がある。今すぐ死ね」

って感じの奴らばっかりだったのに。




251-14.jpg
話が終わるとムービーが入った。
サボる気満々だった俺が、何やら軍用船の前に立ってるぞ。




251-15.jpg
で、艦隊がどっかに出航して




251-16.jpg
その中に乗り込んでいた俺。
あ、やっぱりアレですか。参戦しなきゃいけないんスか。

さて、しかしこの船はどこに向かっているのかな。
まあ普通に考えればカブ港で降りて、そっから徒歩で行軍って感じだろうけど。
せっかくなんだから、こう奇を衒った方法でタラに乗り込んでほしいなー。
いきなり船が空飛んで爆撃しながら進軍するとか。




251-17.jpg
とか思ってたらなんか普通にベルファストにいた。
え?さっきの乗船したムービーは何だったの?


あ、ちなみにここでエレモンからカバン貰ったよ。
カバンとはこりゃ嬉しい。
エレモンかなりいい奴だな。




251-18.jpg
で、続きのクエストが来なかったのでチャンネル移動したらムービーが流れた。
キホさんとモリやんのムービーのようだが。





251-19.jpg
ここでのムービーを要約すると

キホさん「今まで私達がやってしまった過ちは、私達の手で償うべきだ!他力本願でミレシアンに全責任を負わせるなど言語道断だ!」
モリやん「えwwwww?ミレシアン生贄にすれば楽園取り戻せるんだからそうしたらいいやんwwwwwww
      私達は痛くもかゆくもないしwwwwwwwwwwww」
キホさん「そんな非人道的な行いが許されると思うな!力ずくでも止めて見せるぞ!」
モリやん「やってみろや雑魚助がwwwwうぇwwwwwwwww」


すいません。これ、どっちが邪神でしたっけ?




251-20.jpg
で、ムービーが終わるとルンダ通行証なんて持ってた。
誰か助けを求めてるみたいだな。
ちょっと行ってみるか。




251-21.jpg
道中の敵は…まあ普通にルンダに出てくる敵だったよ。
別に苦戦することもないので、割愛。




251-22.jpg
ボス部屋まで行くと…おっ、シェイクスピアじゃん。
シェイクスピアが助けを求めてたのか。

しかし、何でこのボス部屋は水浸しなんだ?




251-23.jpg
シェイクスピアもこの状況を訝しがっている。
まあ別に大したことじゃないだろ。
どーせトイレがぶっ壊れて浸水したとか、水道栓が壊れたとか、そんなんだろ。




251-24.jpg
って、志村後ろー!!


どうやらこの幽霊っぽい奴は、ここのボス敵らしい。
初めて見る敵だな。どうやらメインストーリー用の特殊ボスのようだ。
ようし、ここはグランドマスター戦士らしい戦い方でビシッと決めてやるぜ!!





251-25.jpg
とりあえず、なんかシェイクスピアに集中攻撃してるので
その隙に後ろから撃ちまくる。



まあこんな感じにグランドマスター戦士らしい戦い方を繰り返していたらメロウ撃破。
秘密会談のグール軍団の方がよっぽど手ごわかったぜ。

で、倒したらシェイクスピアが話しかけてきたんだけど


251-26.jpg
俺がそれどころじゃない状況なんだけど。
何でお前、何事もなかったかのように話しかけてんだ。
ってか、どっち向いて話しかけてんだ。





251-27.jpg
さっきのメロウは、エイヴォンの守護者の一人だったようだ。
守護者は確か全部で4人だったよな。
これで守護者は3人目だな。
あと一人は一体どんな奴なんだろう。
そろそろG16も終わりそうなんだけど、ちゃんと出てくるんかな。

ところで、このメロウって奴は名前からしてもしかして
部隊の戦友を死に追いやり、自分を犯人に仕立て上げた士官達に復讐する為に
旧式の対ATライフルを持って旅してたりするのだろうか?
で、復讐相手にトドメを刺す時は顔に横縞のフェイスペイントをするのだろうか?





251-28.jpg
で、今度はダンバートンの路地裏でシェイクスピアと話す。
おいおい、あんなモルガントみたいなへっぽこ軍団なんか俺一人で余裕だぜ。

と思ったが、そういや敵にベラもいたんだっけ。
ベラはやべーな。
あいつ確か目を見るだけで俺の意識を持っていくような奴だからな。
あいつがいるんじゃ、流石の俺もお手上げだ。




251-29.jpg
ベラはシェイクスピアがなんとかするから、軍に紛れ込むために
軍用物資を横流ししている奴と接触し、正規軍の装備を用意してほしいと頼まれた。

いや、俺確かオーウェン提督に信頼されまくってるから
装備の一つや二つ、頼めば普通にくれると思うんだけど。




251-30.jpg
横流しの犯人、アニックに接触する。
しかしアニックはメインストーリーによく出てくるなぁ。
まるで一昔前のアイラみたいな扱いだ。

とりあえず俺は正義の味方なので、横流しなんて犯罪行為は止めるように説得しながら話をするよ。





251-32.jpg
軍用装備を渡す交換条件として、こちらも何らかのアイテムを用意する事となった。
一体何を取引するんだ?
やっぱり麻薬とかのヤバい品物かな。




251-33.jpg
これが用意する品物のリストか。
えーっと何々?オレンジジュースにチーズケーキに…

ちょっと待って。
これってもしかしてオヤツ買いにパシらされてるだけじゃねーの?

鮒とか貝はアレか?今晩のオカズか?




251-34.jpg
とりあえず魚はカブ港の魚屋さんで買う。
しかし相変わらずのぼったくり価格だな。
鮒一匹1900ゴールドって。




251-35.jpg
ジュースとかはマハのフレイザーから購入。

って、こいつの料理の値段が鮒の三分の一以下なんだけど。




251-36.jpg
で、アイテムを全部揃えたらこんなのが出た。
そういやクマのぬいぐるみとかも入ってよな。
姪っ子か妹の遠足の準備でもしてたのか?

だとしたら生の鮒や貝を入れたのは嫌がらせだろうか?





251-37.jpg
嫌がらせの箱と軍用物資を交換して任務完了。
最後に横流しの件は秘密にするようにと念を押された。
うむ、こういう仕事は信頼が第一だからな。
口の堅い俺は、もちろん秘密を守るぜ。




251-38.jpg
と見せかけて息をするようにバラす。





251-39.jpg
物資をシェイクスピアに渡す。
これでタラ王城に攻め込む準備は完了だ。

さあ早速攻め込もう…と思ったら、なんか二人だけじゃ勝てないから仲間を連れてこいとか言い出した。
おいおい、こちとら秘密会談をたった一人で切り抜けたグランドマスター様だぜ。
あんなモルガントの軍団なんて、ベラさえ押さえてもらえれば一人で余裕で叩き潰せるっつーの。
特にモルガントなんて余裕過ぎて、フラガラッハ(笑)での攻撃なんか指一本で受け止めて
そのまま素手でぶっとばして地平線の彼方まで突撃ラブハートさせてやんよwwwwwwwwwww

じゃ、早速シェイクスピアに話しかけて最終決戦スタートだ!!




251-40.jpg
G16終了のお知らせ。


次回は大人しくドラマを進めることにしよう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。