中の人は男のプレイ日記・改
前の日記にログインできなくなったから作り直した。 困ったもんだ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
213回-自分を世界さえも変えてしまえそうな

どうも、チェルシー(飴のやつね)で一番不要な味はヨーグルトスカッチであり
ヨーグルトスカッチはバタースカッチやコーヒー、ミルクティーに跪くべきであるという説を提唱し続ける中の人は男です。

しかし同意してくれる人が一人もいない。
いやマジで。

だってヨーグルトスカッチって一番微妙じゃね?ちょっとすっぱいし。
他の味の方が甘くてウマいじゃん。
なのにみんなあの味が好きと言う。



さてそんな訳で前回の続き。
チェルシーのバタースカッチを馬鹿にしたという理由で投獄されたアントーニオを救出すべく行動を開始した俺たち。
警備隊員(宇治抹茶ミルク味信者)を蹴散らして逃走経路を確保しようとしたが
迂闊にも警備隊長(実は飴嫌い)に見つかってしまい作戦失敗となった。
あんな無敵な飴嫌い野郎なんか相手にしてらんねぇ。

ってか正直、隊員も結構強いのであんな数相手にするのもしんどい。
なので



213-01.jpg
優雅に馬車で強行突破してみた。






213-02.jpg
で、普通に船着き場についた。
この船に乗って逃げちゃえばいいんだろ?
はいクエスト完了ー。お疲れ様でしたー。





213-03.jpg
乗船不可
ですよねー。




やっぱりアレかな。
警備兵をある程度の数、殺らないとダメって事なのかな。

わざわざ騒ぎを大きくしなきゃいけないとかどんな脱出経路だよ。




213-04.jpg
そんな訳で神の力で容赦なく殺害。
これはひどい。






213-05.jpg
で、外でそんな殺戮劇が繰り広げられている間
バサーニオは頑張ってアントーニオを説得していた。


あ、あと気付いた人もいると思うけど、会話欄がちょっと変わってるよね。
何やらちょっと前のアップデートで色々とリニューアルされて、表示が変わったんよ。

まあ別にインターフェイスとかが変わるのは別にいいんだけど、一つ問題がある。
ほら俺ってNPCの会話の部分を切り取って一つにまとめて読みやすくしてるじゃん。
あれって今までは会話欄のバックが不透明だったから自然な感じでまとめれてたけど
今回の更新で会話欄が何か後ろが透けて見える半透明な感じになっちゃったから、
会話部分をくっつけたりすると、ちょっと不自然な感じになると思うんだよねぇ。


わかりやすく適当な会話部分をくっつけて実践してみよう。



213-06.jpg
と、まあこんな感じ↑で会話欄の背景がちょっと不自然な感じに。
ううむ、困ったなぁ。
しかし、気にして見なければ気にならないレベルかも…


ってか誰が田舎モンじゃこの野郎。





まあともかくバサーニオが説得していると、そこにシャイロックさんが現れた!


213-07.jpg
って、壁を透過しながら出てきた。
何今の?ジャパニーズNINJAの技か?
ってか、前回といい、なんで誰一人として普通に扉を使おうとしないんだ。






213-08.jpg
どうやらシャイロックさんは前回のアントーニオとの会話で心を動かされたらしく
アントーニオを許すと言った。
流石聖人なシャイロックさんだ。

で、その言葉を聞きアントーニオは牢獄から脱出する。





213-09.jpg
一方場面は変わってベルファストの街中。
警備兵に追い回されて全力逃走中の俺ら。

正直、警備兵に喧嘩売ってないでコッソリ逃げてればこんな事態にはならなかった
と思うのは俺だけなのでしょうか?






213-10.jpg
逃げた先にも警備兵がいて、包囲されてしまう。
さあ、大ピンチだ。





213-11.jpg
と、ここでバサーニオが颯爽と登場!
包囲網に突っ込んで敵を蹴散らしたぞ!





213-12.jpg
お、俺ーーー!!

俺は犠牲になったのだ…
強行突破の犠牲にな…






213-13.jpg
正直、俺はバサーニオ殴ってもいいと思う。






213-14.jpg
で、脱走に成功してポーシャの家。
人を轢いといて何笑ってんだコイツ。





213-15.jpg
どうやらポーシャが俺に話があるようだ。
何だろう?





213-16.jpg
ポーシャと会話。
へぇー。こいつら旅に出んのか。
家とか資産とかどーすんだろ。銀行が預かったりしてくれんのかな。





213-17.jpg
とか考えてたらいきなり泣き出した。
えっ?何で?何この展開?



で、泣き出したポーシャを見てバサーニオが一言。


213-18.jpg
俺はバサーニオ殴ってもいいと思う。(二回目)






213-19.jpg
泣き止んだポーシャが湿っぽい空気を払拭しようとリュートを演奏すると言い出した。
でも普通に断った。




213-20.jpg
断ったらいきなりぶっ倒れた。

ち、違う!俺が断ったから倒れたんじゃぬぇー!俺は悪くぬぇー!





213-21.jpg
ポーシャは高熱を出して倒れてしまったようだ。
きっとプロポーズの件とか、脱走の事で心的疲労がたまって発熱したとかだろう。

でもバサーニオはお前のせいで熱出したから出てけとか言ってきた。

俺はバサーニオ殴ってもいいと思う。(三回目)






213-22.jpg
ポーシャが俺のせいじゃないと弁解してくた…けど…
さっきからポーシャがガチ百合じゃねーっすか!

前回みたくゆるい程度じゃねーぞ!
一体何がお前をそうまでして突き動かすと言うのだ!





213-23.jpg
で、この事態に命を救ったアントーニオにまでお前出てってとか言われた。





213-24.jpg
会話が終わり普通につまみ出された。
何これひどい。







213-25.jpg
で、翌日ログインしたらまたムービーが始まった。
毎度おなじみの謎の二人組だな。

何やら黒髪の方が約束を破ったようだ。
その後、口論になり二人は決別してしまうのだが…





213-26.jpg
なんとあの謎の二人はキホールとモリやんだったのだ!
な、なんだってー!!


あー…うん。薄々とは予想してた。
だって片方は黒髪ロングだし、もう片方はずっとローブかぶってるし。
なんか会話が世界作ろうぜーとか世界強くしようぜーみたいな感じだったし…
正直、これ気付かなかった人はいないんじゃないかな。

ってか、あいつら元々友達同士だったのね。



213-27.jpg
で、これを知った俺の一言。
うんうん。いい事言うなぁ俺。




のんきにいい事言ってたら続きのクエストが来た。
次はどこに行けばいいのかなー。
ま、テキトーに行こうかなー。


213-28.jpg
シャ、シャイロックさーん!!
何があったんだシャイロックさん!
これは急いで現場に駆けつけなければ。






213-29.jpg
アルビダンジョン前の壊れた遺跡前に行ったら普通にシャイロックさんいた。
てっきりあんな文面だったからATフィールド破壊されて液体人間にでもなったのかと思った。







213-30.jpg
シャイロックさんに話しかける。

ううむ、シャイロックさんが聖人すぎて生きるのが辛い。





213-31.jpg
話を聞いてみると、聖人なシャイロックさんがアントーニオの心臓を欲していた理由は
シェイクスピアに「アントーニオの心臓持ってきたらお前の妻と娘を復活させてやるけど?」とか言われたかららしい。
普通にゲスな事言ってやがんなシェイクスピア。

さらに…なんと!あの極悪非道の人数制限アルビダンジョンに行かされたのもシェイクスピアのせいだったらしい!
確かに聖人なシャイロックさんがあんな酷い事するわけねーもんな!
おのれシェイクスピア!絶対にゆ゙る゙ざん゙!!





213-32.jpg
で、その契約はみなさんご存じのとおり果たされる事は無かった。
シャイロックさんが聖人すぎて生きるのが辛い。(二回目)



で、聖人すぎるシャイロックさんの頼みで
アルビダンジョンに潜伏しているシェイクスピアを探しに行くことになった。
よーし!さっそく出発しようか!



213-33.jpg
って、ゲェーッ!こ、これは極悪非道のアルビダンジョン通行証!!

「三人まで入場可能」とか書いてあるが、実は「三人でしか入れない」という即死級のトラップが備えられてるヤツじゃねーか!
ど、どうする!?これでは突破は不可能だ!!
前回はこのトラップを突破するためだけにリアルで三ヶ月ぐらいかかってしまった!
まさかまたここでも足止めを食らうと言うのか…!?




213-34.jpg
と思ったらなんか普通に入れた。




そうとわかればこっちのモンだ。
敵を格闘術で蹴散らしてどんどん進むぞ。


と思ったが、そう言えばペルソナスキルってあるじゃん。
ほら一定時間能力がアップするやつ。
あれ今まで全然使ってなかったから、せっかくだし使ってから行くか。

で、俺の今の戦闘スタイルは格闘だからwillを上げればいいんだよな。
willが上がるペルソナは…「オフィーリアの涙」か。
じゃ使ってみるか。


213-35.jpg
このようにめそめそ泣いてwill100アップ。
しかし泣いたら格闘の攻撃力アップって何だよ。
泣きながら殴る子供か。


どうでもいいけど、あの午後の紅茶の50/50のレモネードのヤツさ。
あれメッチャすっぱくねぇ?
普通のレモンティ想像しながら飲んだらえらい目にあったわ。





213-36.jpg
で、格闘術を駆使して出てくる敵をバッサバッサと倒して進む。
前の極悪非道アルビダンジョンと出てくる敵が同じみたいだな。





213-37.jpg
道中で妙な名前の敵が出てきたのでボコボコにしといた。
これはひどい。





213-38.jpg
で、ボス部屋に到着すると…げぇっ!お前はブラン!!


………

お前G14で俺に殺られてなかったっけ?
何普通に復活してんの?

しかし相変わらず右腕だけゴツいな。
この片腕から高周波を発生させて相手に直接ブチ込み、膨大な熱量を発生させて破壊とかしてきそうだ。





213-39.jpg
で、バトル開始。
まずは攻撃を仕掛けるが…あれ?一撃で結構削れるな。
あんまりHP高くないのかなコイツ。





213-40.jpg
で、やっぱり右腕からヤバそうな攻撃を仕掛けてくるけど
まわりこめば普通に回避可能である。

ってかモーションがデカいから普通にあたらねーな。





213-41.jpg
で、何も問題なくブランを倒すとシェイクスピア登場。
正直ボスキャラのブランよりも道中で出てきたスパイダーアーチャー軍団の方がよっぽど苦戦しました。





213-42.jpg
ここにシャイロックさんも登場。
家族に会えるのなら命だって差し出すと懇願し出す。





213-43.jpg
で、その願いに「お前の命くれるならいいけど?」とか言い出す。
普通に最悪である。





213-44.jpg
シャイロックさんはその条件を飲み、シェイクスピアに命を吸われてしまう。




213-45.jpg
で、その命を使ってシェイクスピアはシャイロックさんの姿に転生するらしいが…

いや、シェイクスピアってミレシアンだよね?
確かミレシアンって公式設定で「頭の上に名前浮かんでる」って感じだったよね。
アリサがそんな事言ってたし。
ついでにブラデイリも転生するときに「別の姿に転生してもお前の事わかるけど?」とか言うし。


じゃあ別の姿に転生してもモリやんの目とか眩ませられないんじゃね?
何してんのコイツ。


あー、でもモリやんはああ見えておマヌケだからなー。
意外と別の姿に転生したらバレねーかも。
それを踏まえてシェイクスピアも、この行動に移ったのかも。

うっわーwwwwwwwww神の癖に普通の人間にもわかる事わかんねーんだってwwwwwwwwww
だっせーwwwwwwwモリやんだっせーwwwwwwwww
ちょっと前に開眼して俺をビビらせたけど本当は全然ビビってなかったもんねwwwwwwwwww
お前なんかがそんな怖い目しても全然怖くねーしwwwwwwwwwwwww





213-46.jpg
うわー!!で、出たーーー!!1!!11!

ってか目怖えぇー!!!ヒイィィィィ!!
はい!サーセンっしたモリやんさん!
違うんです!さっきのは俺の本心じゃないんス!!
アイツです!あのシェイクスピアが俺を脅してそう言えと言ったんス!!


もうヤベーよこの目は!
絶対千人単位で殺ってるよ!
きっと命乞いしてきた村人相手に

村人「見逃してもらえるのでしたら、な…なんでもいたします」
モリやん「そうか…それならブタのマネをしてみろ…」
村人「は! はい!!ブーー…ブー……」
モリやん「ふ…ふはははははは!!!!! ふははははははははは!!!!!!!おもしろいな…」
村人「じゃ、じゃあ………」
モリやん「ブタは死ね!!!」

とかやってるって!
望むがままの邪悪だって!






213-47.jpg
とまあそんなこんなでシェイクスピアはモリやんに捕まってしまったとさ。






213-48.jpg
で、ムービーが流れる。
数年後?シェイクスピアの未来予知能力か何かか?





213-49.jpg
スタッフロールと共に映し出される屍の山。




213-50.jpg
その中に妙に男らしい座り方で座る俺。
と、モリやん。





213-51.jpg
座ってる俺の所に刃物を持った奴が近づいてきて





213-52.jpg
刺殺されます。




213-53.jpg
で、最後に刺殺された挙句、傲慢よばわり。



はい注目ー。
もうこのネタ何回目か忘れるほど使ったと思うけど注目ー。

はい、まずはこの下の画像を見てみましょうか。



213-54.jpg
いやー、平和そうですねー。
「冒険がある。生活がある。ほのぼの系オンラインRPG」ですってよー。
「みんな仲良しだから初心者でも安心して遊べます」ですってよー。
バックの画像もいかにも「平和」って感じですねー。


なのにストーリーを進めると
世界を救い続けたのに、最後に待っていたのは傲慢呼ばわりされ刺殺されるという結末。

もうこれはJAROのお偉いさんが助走つけて殴りにくるレベルだと思います。



ともかくこれでG15はクリアとなる。
報酬としてクリアタイトルをゲットしたぞー。



213-55.jpg
何この俺専用すぎるタイトル。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
バサ男がちゃっかり幸せ掴んじゃってるのかいまいち分からないよなG15
絶許
2012/08/30(木) 16:53:51 | URL | 通りすがりのミレシアン #- [ 編集 ]
バサが乗馬でトニオさんをお姫様のように救出して、
トニオさんはバサーニオとともに新たな世界へ・・・(o'∀`o) って二人きりじゃないんかい・・・!

何故ですか中の人は男さん、こんな中途半端な・・・やはりミレシアン絶対に許しません。。
2012/08/30(木) 20:06:30 | URL | 通りすがりの女神 #- [ 編集 ]
あなたの日記の第194回に、モリアンの所業が書いてある。
彼女がこんな面構えなのも納得の理由である。
2012/09/02(日) 10:49:57 | URL | 通りすがりのパルホロン族 #- [ 編集 ]
モリやんなんというルカ・ブライト・・・
これは小便ちびってもおかしくない
2012/09/02(日) 21:18:11 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。