中の人は男のプレイ日記・改
前の日記にログインできなくなったから作り直した。 困ったもんだ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
207回-遠く弾ける鉄のドラム それが俺たちのララバイ

6月の終わりに行われた神々の黄昏(ラグナロック)作戦。
あれは不幸な事故により、作戦失敗に終わった。
しかし俺は諦めない。
ここに第2次神々の黄昏(ラグナロック)作戦の開始を宣言する。


さて、今回の作戦の標的にされた不運なイベントはこちら。
そう。第14回おやつの集いである。

正直このイベントは参加したことが無い。
しかし、説明を読めばだいたいの雰囲気はわかってくるぞ。
きっとおやつをシェアリングしたりクイズをしたりして和気藹々と楽しもうってイベントなんだろう。

そんな雰囲気をうまく利用すれば…第2次神々の黄昏(ラグナロック)作戦の成功も夢ではない。
具体的にはこんな感じになるだろう。




俺、開始10分前にイベント開催場所に到着。
ちゃんと10分前行動が出来るマジメなヤツだという印象を与える。

イベント開始。上手い具合にPTに入り込む。

和気藹々とイベントを楽しみ、シェアリングとかにまで進行する。

そこで、参加者の一人が俺に話しかける。

参加者A「む…そこの君。何か悩みがあるようだな」
俺「やはりわかってしまうか…実はな…G15アルビの入場条件が満たせずに困っているのだ」
参加者A「ふっ…そうならそうと言ってくれればいいものを…よし!俺が力となろう!」
俺「し、しかし!俺は元々タルラークサーバーの人間だ!ここはモリアンサーバーだろう!そこまで迷惑をかける訳には…」
参加者A「何を言っているんだ。イベントを一緒に参加した仲ではないか。つまり俺たちは既に『仲間』だろう?
『仲間』の為に命を張るのは…男として当然の事さ」
俺「さ…参加者A!!」

ザッ!(←足音)

参加者B「話は聞かせてもらったぜ。あのアルビには3人の力が必要なはず…俺も手を貸すぜ!」
俺「参加者B!」

ザッ!

テリーマン「おっと、俺もいるぜ」
俺「テリーマン!」

ザッ!

ブロッケンJr「お前らだけにいいカッコはさせるかよ」
俺「ブロッケンJr!」

ザッ!ザッ!

ロビンマスク「正義超人はお前だけじゃないんだぜ」
ウォーズマン「コーホー」
俺「ロビンマスク!ウォーズマンまで…」
アルビダンジョン「こ…これが友情パワーか…!」

むーねのー炎がーマットを焦がすー
今日の勝負はー並じゃないぜー



なーんて!素晴らしい展開に!グヘヘヘヘ!
おっとよだれが。





207-01.jpg
てな訳でモリアンサーバーに鉄のララバイというキャラを作る。
この曲はマジ名曲すぎるよな。単体でもカッコイイのに、OPのムービーの雰囲気も逸品だ。
あのOVAはマジよかったよな。一気に全話見ちゃったよ。

何?見てない?ボトムズ自体知らないだと?
それはいかん。今すぐTSUTAYAへゴーだ。結構前の作品だし、あんま評判が良くなかったから比較的簡単に借りれると思うぞ。
なんで評判良くないんだよ…チクショウ…



207-02.jpg
シェアリングの為に頑張って料理スキルを習得し、手作りチョコレートをたくさん作る。
こういう気遣いが後々響いてくるんだよな。

問題は最低品質って所だが。
まあ大丈夫だろ。コッソリ混ぜて食わせればバレやしねー。



さーて、そろそろ開催時間の22時だ。
ぼちぼち開催場所に行くかー。


とその時、とんでもないことに気付いてしまった。
このスキル欄を見てほしい。

207-03.jpg
おわかりだろうか?
そう休憩スキルが無いのだ。普通に取り忘れてた。
休憩スキルが無いとシェアリングをする事が出来ない。
なので作戦が破綻してしまう。

急いで休憩スキルを取りに行かなくては。
確か休憩スキルはティルコネイルの旅館のノラが教えてくれたはず。


と、旅館に来てみたがスキルを教えてくれない。
何故だろうと少し調べてみると、エルフは何とフィリアでしか休憩スキルが取れないらしい。
何となくエルフを選んだことが裏目に出たか。





207-04.jpg
急いで大陸移動を使ってフィリアに行き、わらわに休憩スキルを教えてもらう。
これで1件落着かと思われたその時、再び問題が浮上した。

えーっと、大陸移動スキルってアレじゃん。12時にならないと再使用不可じゃん。
言ってみれば18分に1回って訳じゃん。
エリン時間の2:00ぐらいに大陸移動使っちゃったから、次使えるのはだいたい15分後ぐらいって訳だ。
で、この休憩スキルを取ったとき、現実時間は21:55分ぐだいだったんだよね。
つまりアレだ。普通に遅刻だ。

駄目だろこれ。
神々の黄昏作戦が発動するぞー。イエーイ。全軍出撃ー。
って言った瞬間にトリスタンとかベイオウルフがエンスト起こしたようなもんだろ。




ともかく遅刻して参加するのは、すげぇ気まずい。
俺のようなエクストリームぼっちな奴にはハードルが高すぎる。
一体なんて言って途中参加すりゃいいのよ。


しかしこの状況を打破する素晴らしいスキルが存在する。


207-05.jpg
これがその「ハイド」と言われるエルフ専用のスキル。
これを使うと体が不可視状態となるので、敵からターゲットされなくなり
さらには他のプレイヤーからは見えなくなってしまうという凄まじいスキルだ!

何か俺、人間なのにこのスキルが常時発動してる気がするが気のせいだろう!ハハハハハははは……





207-06.jpg
で、このスキルを使いながら会場へと行くと…おお、やはり始まっている。
いかにも「俺たち友達たくさんいるぜ!」みたいな連中が集まって何かやっている。
こんな所に話しかけて参加するとかムリ。どー考えてもムリ。幼稚園児が東大に合格するレベルでムリだわ。


いやあ危なかった。
こんな場所に可視状態でノコノコ歩いていったら
俺のような奴はオーラにやられて一瞬で消し炭とかなってたね。


よーし、ここは不可視状態を維持しながら遠くから様子を見るのだ。
で、シェアリングとかの時間になったらさりげなーく混ざり
「え?俺?最初からいたよ?」みたいな感じで参加するのだ!




207-07.jpg
な、何だとォォォォォ!!!!????

バカなッ!今の俺は見えない筈ッ!
この鉄分を吸い寄せ、周りの背景を保護色とし不可視状態にするハイド能力を見破っただとッ!
まるで「俺がそこにいる」という事を予知したかのように…
ハッ!予知能力…!ま、まさか…このイベント主催者の「ぽえってぃ」は「キング・クリムゾン」の能力者!
つまり…俺たちが追っていたパッショーネのボスの正体は…ッ!



と思ったら違いますね。
何か仕様変更があって他のプレイヤーからはハイド状態からも見えるようになってたみたいですね。
ネクソンは何でこんな仕様変更をしたんでしょうね。
まったく。これじゃ俺、赤っ恥じゃないですか。


ともかく見えてしまったのではしょうがない。
ここは話しかけてイベントに参加…
話しかけて…
話しかけ…



 /      _ノ\ ハ          |
 \     / _  )/_ \|\         |     ダメだ・・・
  /     ノ ー二ー     \       |    話しかけれない・・・
 (    / ̄ー、 ι,- ̄ ̄  .:::|      \   なんて言って参加すればいいのか・・
  ノ   |  _==┐ __===、ι :::| |⌒l    |   さっぱり思いつかない・・・
 (     |<@/. ~:丶@_>  :::::| |⌒|    |
  \    |ー/: ι ニ――   ::::| |〇|    |   手を出しては
   ヽ   |/:      ̄ ̄ ι  ::::| |__ノ     \  いけないことだった・・・
    )  /___,-ヽ 、、、 ヽー 、::::|.|        | わしのようなぼっちの手にあまる
   /     | -─────-、 | i:::::|ー       | 事だったんだ
   |.    |(王l王l王l王F) ) ::/\ \     | イベント途中参加なんて・・・・・・
  _ ---―|ヽー───- ' ::/::: |  | ̄ ̄
       / .|  ≡    ::/::: /|  |
      / /.|   ι ::/::: /  |  |
     / /  |  ....::/::: /    |  |


はい。無理ですね。
ここを見てる皆ならこの心境は痛いほどわかるでしょうね。
恥ずかしくて無理なんですよ。こんな所で喋るなんて。

もうこの場所で固まってよう。石像のように。
幸いにも会場の端っこにはキャラ放置して離席しちゃった的な人が数人座ってるじゃないですか。
ここに紛れ込んで「ちょっと離席してます」的な雰囲気で様子を見る事にしましょうよ。

その内、動きがあるはずでしょう。その時にイベントにさりげなく紛れ込むしかないですよ。
それまではじっとしてましょう。脳内でラジオでも流して時間を潰すとしましょう。





207-08.jpg



 はい!という訳でね!始まりましたよ!
 第2回 君にかけたデッドヒートのI Love Youラジオー!




 『え!?ええ~!?』





 今回もですね!張り切ってお便りに対して面白おかしく返答していきましょう!
 ではまず最初のお手紙から!




 『マジでやるのか…
  これラジオという名の現実逃避だよ』






 こちらP.N「密輸大好き」さんからのお便りです!
 あんまりやり過ぎると公安にマークされますよ!




 「前回のラジオで『P.N』って書いてありましたが、
  『P.N』じゃなくて『R.N』じゃないですか」
 との事です!なるほどねー。



 『あ、言われてみればそうだよな。P.Nじゃペンネームだもん。
  ラジオだったらラジオネームでR.Nだな。
  そこんトコどうなのさ』



 こまけえ事はいいんだよ!
 はい!では次のお便りは…




 『え、ええ~』







 R.N「たけのこの里最強。きのこの山とか雑魚だしwwwww」さんからのお便りです!
 「G3ぐらいからずっと日記みてるんですが、プライベートなこと教えてください」
 これは結構答えにくい質問ですねー。



 『さりげなくR.Nに直してるし…
  ん?ちょっと待って』




 何かな?





 『それってコメントフォームに来てた質問だよね?
  そんな名前じゃ無かっただろ?ってか名前書いて無くなかった?』




 おっ、よく気付いたね。
 名前無い場合だと、それだと面白くないから俺が気分で勝手に名前付けちゃうよ。




 『お、お前…普通そういう場合って匿名希望とか書くだろ。
  ってかこの質問者さんがきのこの山派だったらどーすんだよ』




 はい、ともかく質問の答えに行ってみましょうか!
 プライベートな事ですかー。あんまり書くとリアルで特定されそうで怖いですねー! 




 『誰が特定すんだよ』





 えーっとですねー。年齢は33歳で自宅は杜王町北東部の別荘地帯にあり…結婚はしていない…
 仕事は「カメユーチェーン店」の会社員で毎日遅くとも8時には帰宅する。




 『えっ?なんかすげぇ具体的に語り始めたぞ。
  大丈夫なのかこれ?』




 タバコは吸わない。酒は嗜む程度。夜11時には床につき必ず8時間は睡眠を取るようにしている。
 寝る前にあたたかいミルクを飲み20分ほどストレッチをしてから床につくとほとんど朝まで熟睡さ…




 『…ん?』





 赤ん坊のように疲労やストレスを残さずに朝目を覚ませるんだ…
 健康診断でも異常なしと言われたよ…




 『…スタンド名は?』





 「キラークイーン」!…と私はこいつを名付けて呼んでいるッ!





 『お前それじゃ吉良吉影じゃねーか!!』







 はい!それじゃ次のお便りに行きましょうか!
 R.N「通りすがりの女神」さんからのお便りです!




 『女神って通り過ぎるようなモンなのかなぁ』





 「聞こえますか中の人は男さん・・・男子校にも恋愛があると聞いています・・・ないはずがありません・・・いえ、なくてはならないのです・・・」
 との事です!しかし特徴的な口調の方ですねー。
 私の知り合いにもこんな口調の女神がいましたよー。妹は子持ちなのに未だ男の影すら見えないのがねー。



 『ひどい紹介だ。』





 男子校での恋愛ですか…?しかし異性が存在しない訳であって…
 あ、そうか!なるほどー!他校の女子生徒や若い女教師との恋愛って意味ですねー。
 いやー!盲点でしたー!でも現実にはそんなマンガみたいな事はそうそう起きないモノでしてねー。



 『…え?いやちょっと待って。』





 何かな?





 『…多分これ、そういう意味じゃないと思うぞ』





 え?と言うと?しかしそれ以外じゃ成立しないだろ?





 『えーっと、なんと言うか…同性同士って言うか…
  ポケモンで例えると「ダグトリオの あなをほる こうげき!こうかはバツグンだ!」
  みたいな…』



 …は?いやいやいや、そんな訳ないだろー。
 いくらなんでも考えすぎだってー!




 『うん…俺も最初そう思ったんだけどさ…
  7月16日のコメントを見ると…どうも…』 




 …





 『…』





 …こんな時、どんな顔すればいいか分からないの。





 『笑えばいいと思うよ…』







 おーっと、ここで残念ながらお別れのお時間が近づいてきました!
 さっきの質問は無かったことにしようスティンガー君?




 『う…うん。そうだねコーウェン君!あれは人類には早すぎるモノだね!』





 そんな訳でまだまだ引き続きお便りを大募集中ですよー。
 特にネタにしやすいお便りは大歓迎ですからねー。
 また質問がいっぱい来たら第三回があるかもしれませんよー。



 『そんなにネタフリが来るもんかねぇ』





 それではこの辺でお別れでーす。
 背中から君を追い詰め-てるー。




 『振りー向いたらー負けーさー。』








207-09.jpg
とか考えてたらどんどんイベントが進み、シェアリングしながらクイズをする的な感じになったぞ。
まあ俺は放置しちゃってたから参加しそびれたなーアハハーみたいなフリをする為にクイズ自体には参加できない訳だが。





207-10.jpg
っと、シェアリングをすると物を食べるアクションをするようになってたんだな。
俺、最後にシェアリングとかしたのG3でリンゴ食いまくった時だから、さっぱり知らなかった。

え?なんでそんな長い事シェアリングしなかったんだだって?
相手が居ないんだよ言わせんな恥ずかしい。





207-11.jpg
で、クイズとか記念撮影も終わり、みんなでシェアリングをするみたいな空気になったぞ。
よし…ここだッ!ここで募集をして仲間を集うんだッ!
いけ!最低品質チョコレートよ!忌まわしき記憶と共に!





すると何とか二人の協力者をゲットする事に成功!
やったぜ!

ただ、募集した時「こんな場面で募集とかwwwwwwwwwwしかも樽wwwwwwww友達いねーの?wwwwwwww」
みたいな空気になった気がしたが、多分気のせいだろう。





207-12.jpg
で、今回協力してくれたのはこの矢印で指されているお二方…

ん?この二人の名前は…見覚えが…いや!知っている!
我々はこの老人を知っている!
いや!このまなざしとこの顔の傷を知っている!!

まあネタは置いておいて、まず最初に協力を申し出た…
えーっと…あーちょっと待って。
こういう場合さ、他人の名前を書くときってどー書けばいいんだ?
ほら、俺ってこういう風に他人の名前を出すことってないじゃん。
具体的に言うと、ほら他人と触れ合うことが無いから的な…ほら…

○○さん?これじゃ他人行儀っぽいなぁ。
○○氏?これじゃ一昔前のヲタみたいな感じだなぁ。
「おお!そういう君は****(聞き取れず。何か友達いなさそうな名前)ではないか! 敬礼!」
って感じになっちゃうかもしれないし。
呼び捨て?いやいくらなんでも馴れ馴れしすぎるだろう。
名前の頭文字をとって、その後ろに「ちゃん」ってつけるか?
その場合、俺は「なっちゃん」になるな。ジュースか。
ただそれだと一人おっちゃんと呼ぶ事になるハメになる。
いくらなんでもマズいだろう。


まあいいや。普通にさん付けで呼ぼう。
で、どこまで話したっけ?確かストレイツォとスピードワゴンが…
あーちゃうわ。参加してくれた人の事だ。

ともかく最初に協力を申し出てくれた「おやつ」さん。
確か、この人はG1リニューアルの時に公式で漫画を書いたりしたスーパー有名人だ。


207-34.jpg
これがその漫画。
うわあ本物だ。写メ撮ってやれ写メ。



さらにもう一人のみる茶さん。
ブロガーの集いとか、他のイベントの時に見かけたりしたが
周りには常に友達らしき人々がいて、さらには絵チャとかで似顔絵表示されるわ
他の人々に萌え萌え言われてるわって感じだった。
きっとアイドルとか、そんな感じのポジションの人なんだろう。

うわあ本物だ。写メ撮ってやれ写メ。




ってか、まさかの超有名人二人参戦。
どーすんのこれ。俺出演料の請求とか来ても払えんよ。
正直、このクエストに参加した人と俺が共闘しているシーンを撮影して
三大ヒーロー 夢の競演!!
とか勝手にやっちゃおうとか考えてたんだけど、出演者がこれじゃ
二大ヒーロー 夢の競演!!あと端っこに俺。
って感じになっちゃうじゃないか。







207-13.jpg
ともかくタルラークサーバーに戻り、ぼっち大集合と言うパーティを立てる。
どう見てもぼっちは俺だけです。本当にありがとうございました。




そしてアルビダンジョンへ。
よーし!俺たち「ザ・マシンガンズ」の友情パワーでアルビダンジョンを音速攻略だ!


207-14.jpg
とか思ってたら端っこで邪魔しないようにするわという発言を受けてしまう。
まさかの友情パワー不発。







207-17.jpg
ダンジョンに突入するとムービーが発生。
そーいやこの二人とダンジョンに来たって設定だった。




俺と、NPCのRP二人と言う状態になりダンジョンへ。
で、ダンジョン内での戦いなんだけどさ…
ちょっとなんと言うか…言いにくいんだが…ううん…




207-18.jpg
何か身の危険を感じたんだよね…




207-19.jpg
さらに具体的に言うと俺の尻がクライマックスと言うか…


え?超有名人の二人がお前なんぞを狙う訳ないだろだって?
お前は痴漢されたと騒ぐ自意識過剰の女子高生かだって?

ううん…確かに冷静に考えるとそーだよな。
多分気のせいだろう。うん、そうだろう。





207-20.jpg
あと途中で「負傷したから包帯を巻いてくれ。体を密着させて」的な事を言われたので薬を投げたりした。






207-21.jpg
で、まさかの7階まで行ってやっとボス部屋を発見。
どんだけ長いんだよ。





207-22.jpg
ボス部屋に入るとムービーは発生し、シャイロックが出てきた。
何か遅く着いたことに怒っているようだ。
別に人数制限とか付けなきゃもっと早く来れたと思うんだけど?






207-23.jpg
話を聞いていると、とんでもない事実を打ち明けてきた。
何だって!?アントーニオが家族の仇!?

そ、そうか!こんな長いダンジョンの奥に呼び出した理由がわかったぞ!
この人目につかないダンジョンの最下層で、アントーニオを始末する気だったんだ!
きっと物陰にはピストルを持ったヤクザとかが隠れているはず!
これはピンチだぜ!




207-24.jpg
とか考えてたら普通に金貸してくれた。





207-25.jpg
でも条件として、お金返せなかったら心臓よこせとか言い出してきた。

えーっと、そんな取引をするだけだったら普通に店とかでやれとか思うのは俺だけでしょうか?






207-26.jpg
ともかくクリアしたので宝箱を開ける。
…ん?おやつさんはそんな所に座って何をしているんだ?





207-27.jpg
なんか言い出した。





207-28.jpg
とりあえず丁重にお断りしておいた。





207-29.jpg
その後、すげぇ身の危険を感じたのでダンジョンから脱出。
詳しくは書けないが(ってかSS撮ってなかった)本気でヤバかった。
俺のゴーストがあの密室にいるのは危険だって囁いてたレベル。

ダンジョンを出た先には、上の方では書かなかったけど
人数制限のせいで入場できなかったにょるこさんが待機していてくれたので一安心。天使に見えたわ。
流石に第三者(この場合は第四者か?)がいる所ならヤバい事は起きないだろう。





207-30.jpg
まあその後、その天使に見えた人まで何か脱いでしまった訳だが。
本格的にヤバかったのでその場からバックステップで離脱したりした。


この状況だと、さらにクリア後に駆けつけてくれたマリンナーサさんが最後の防波堤的な感じだ。






さて…こんな感じで最難関、G15アルビは闇に帰した。
が、一つ気になる事があるので、ここにその事を記しておこう。

皆ご存じのとおり俺のFLは


207-31.jpg
驚きの白さである。


でさ、おやつさんの所にさ、FL申請3回したけど受理されなかったって書いてあるじゃない。
で、俺はぼっちロールプレイをしているので許可されなかった。みたいな感じでまとめてあるけど
正直俺はそんなではない。純粋種のぼっちである。



あ、あとこの人の記事、7月の14日の10:00ぐらいに更新されてるじゃん。
で、日記にふんだんに絵が描かれてるじゃない。
絵とかって描くのって時間がかかるよね。
さらに日記も書くのに時間がかかる。
俺も今回の日記は普通に6~7時間ぐらいかかったし。

でさ…アルビダンジョンから解散したのって14日の夜1:30なんだよね。
ちゃんとこの日寝たのか…?
夜はちゃんと睡眠取ろうぜ。


ついでに最後のあたりで俺が超イケメンに描かれててすんげぇビビった。
あまりにビビり過ぎて2日ぐらい時間明けてから記事よんだわ。
とりあえず
「貴方様のような大人物に、私のような噛み終わったガムみたいな奴の絵を書いて頂くなどというお手を煩わせるような事をさせてしまいスイマセンでした」
とか言いながら土下座とかしておくべきだろうか?
シオニーちゃんのように。




ってかさ、そーいや雑談してた時に
「受理されねぇwwwwwwwwっうぇwwwwwwww」
みたいな発言があったわ。
で、俺はそーいうネタかと思って
「何の事かな?」「聞こえてない」「何か言ったの?」「俺のログには何もないな」
ってネタ返しをしたんだけど…

え?マジで申請してたの?これ?


これを読んでいる人は「あーこいつきっとFLとか使った事ねーから、わかんなかったんだぜ」と思ったことだろう。
だがそれは違うぜ。
俺でもFLを利用したことがある。フッ。(ドヤ顔)

公式の取引掲示板ってあるだろ。
知ってるか?あれで取引するときってメモを飛ばすか、FLを登録するかで取引を開始するんだぜ。
で、その取引でFL使ったことあるもんね。フッ。(超ドヤ顔)




207-32.jpg
で、その時知ったんだけど、この爆弾が表示されてるあたりに
「○○さんからFL申請がありました。許可しますか?」
的なメッセージが出るんだよな。

しかし今回、そんなのは一切出なかった。
これはどういう事だろうか?
原因は以下のように考えられる。

1:勘違い。
2:長い間FLを使わなかったので本当にFLがぶっ壊れた。
3:アカシックレコードで運命を決められていた。


あっ…!そう言えば一つ心当たりがあるぞ。
オープンマーケットってあるじゃん。
ほら公式のRMTなアレ。


あれさ、開こうとすると

207-33.jpg
こんなエラーが出たり「有効なユーザーじゃありません」とか出て利用不可能なんだよね。
でもどーせこんな機能使わないから別にいいかーとか思って放置してたんだよね。

で、これが関係してるんじゃないか?
きっとクライアントのバージョンが古いので、こんなバグが出たとかそんなん。
その影響でFLが機能しなくなったとか、そんなん。

ならばクライアントの最新バージョンを落とし、再インストールをすれば、この症状は直るのではないだろうか?
よし、さっそく落とすぞ!



で、落としたぞ!
再インストールをして、早速FLが直っているかどうか試してみよう!
試して…
試し…

試す友達がいなかったわ。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/17(火) 14:19:43 | | # [ 編集 ]
アントーニオさんのたくましいラ○スが中の人は男さんの、に突き立てられてますね。。

これは見過ごせません・・・その後密室で何があったのですか!?
ハァッだからミレシアンは信じられませんっ何があったのですか・・・なぜ密室での詳細が書かれてないのですか!?
2012/07/18(水) 21:03:49 | URL | 通りすがりの女神 #- [ 編集 ]
そこの女神、少し落ち着こうか。
2012/07/18(水) 23:59:04 | URL | 通りすがりのキホールさん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。