中の人は男のプレイ日記・改
前の日記にログインできなくなったから作り直した。 困ったもんだ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
196回-突然旅先に届いたのは ずっと離れてた故郷の便り

どーもさ、ネットとかでマビノギの評判を見てみると

「出会い厨大杉」だの
「チャットがメイン」だの
「下半身直結システムだ!」だの

そんな評判ばっかりな気がする。

で、この前
「ネトゲでメンヘラに粘着された」
なんて記事を読んで、
うわぁ人の多いネトゲって怖いなぁ。その点俺のやってるマビノギはそんな人いないから大丈夫だな。ヨカッタヨカッタ。
とか考えててさ、その記事で「実際に被害があったネトゲの名前は伏せとく」とか書いてあったんだけど
記事の最後の方にちらっと「マビ」とか書かれてて、それがマビノギだってバレたんだよね。
で、それを見てた他の読者の人たちが

「あ、やっぱりマビノギだったか」
「読んでてマビじゃね?とか思ってたらやっぱりマビだった」
「またマビノギか」

と言った反応。


でさ、俺このゲーム結構やってるじゃん。
でも「人と人との出会い」って言うんですか?そう言うのがどーも皆無な気がするんだけど?
気のせいかな?


あ!わかった!
きっと世間で言われているマビってのは俺のやってるマビノギとは別のゲームなんだ!
いやーなーんだ。そーだったのかー。ハハハハハ。


じゃ、真理を見出したところでストーリーの続きと行こうか。






196-01.jpg
前回捨てたはずの本が、ゴルバンの親切心により戻ってきた。
しかし俺に直接返せばいいのに、わざわざアイラの所に送るってのはアイラに対する嫌がらせなのだろうか?








196-02.jpg
しかしアイラはその本をネイルに売っちゃったらしい。
ええー、それ困るよー。


ん?
いや、確か俺はこの本を捨てたがってたんだよな。
しかし捨てても呪いの如く戻ってくる。
で、アイラも「また本来たんだけど。この本売れんし、どーにかしてよ」とクエストスクロールに書いてた。
んで、本はネイルが買って行った。



これで全て丸く収まったんじゃね?


これでゴルバンクエストクリアだな。
ハイお疲れ様でしたー。解散ー。






196-03.jpg
ですよねー。







196-04.jpg
で、ネイルに会いに行った。
ほう?シェイクスピアの噂について?





196-05.jpg
どうやらネイルはシェイクスピアについて何か知っているようだ。
しかし話を聞きたければルーカスからブツを持って来いとの事。


ううん。困ったなぁ。
ちょっと前に俺、ルーカスを半殺しにした挙句ペッカに放置とかしちゃったんだけど。
そんな事した人間が来ても、すんなりブツを渡してくれるとは思えない。

どうしたものか。



ん?あれ?



196-06.jpg
G15クエストの方が進んでた。

おんなじNPCにばっかりクエスト関連付けしてたら、そりゃあこんな事も起きますよ。







196-07.jpg
もう一回ネイルに話しかけたら本を返してくれた。
え?ルーカスに頼んだ品?
ああ、G11とG12、G14の追加クエストをクリアしたら取りに行ってやんよ。
多分リアルで1年後ぐらいだと思うけど。







196-08.jpg
で、本を持ってマーロウの所へ行く。





196-09.jpg
何かマーロウがゴルバン殺す気満々なんだけど?

コイツはあのペーパーマンに恨みでもあるのだろうか?
始めたばっかりで初心者部屋に行ったら初心者狩りにM4で狩られまくったとか?







196-10.jpg
そんな訳でインクを取りに再びコイルダンジョンへ。
今日も爆笑ギャグが冴えてるなぁ。

なんだか背後から冷えた視線を感じるが、気のせいだろう。




196-11.jpg
で、やっぱり1階だけじゃ終わらないらしく、2階へ。
しかしこのマップの長さ、ウンザリするなぁ。

1階でこんだけ長かったんだ。
2階はもっと短いといいなぁ。3部屋ぐらいでクリアとかで。






話は変わるけど、半神化ってあるじゃん。
あれ使うとさ、どーもダンジョン内のマップが全部表示されるみたいなんよ。
で、戦闘中にちょっと半神化を使ってさ、マップが表示されたんだけど




196-12.jpg
ちょっと心折れそうになった。

何だよこの無駄な部屋の数。





196-13.jpg
で、ボス部屋に到着したら…
あっ!アシュリンいるじゃん!
よかったー、生きてたんだー。
前コイルに来た時にうっかり殺っちゃったと思ってたよー。
ゴルバンの発言で鬱展開まっしぐらかと思ってたから助かったー。


で、君は確かインクを守ってるんでしたよねー。





196-14.jpg
ではちょっとインクの為に死んで頂きましょうか。







196-15.jpg
戦闘が終了するとムービー発生。
何か俺が変身してるのと、アシュリンのセリフが相まって
俺が超悪者みたいになってる。


しかし、これじゃインクを持っていく訳にはいかないな。
本を捨てる他の方法を考えないと。






196-16.jpg
持ってっていいんスか!?

え!?だって!え!?
これ持っていったらお前の婚約者が…え!?






196-17.jpg
で、死ぬ前にこれを渡してくれと、折鶴を渡される。
ええーっ…アシュリンさん。もうゴルバン死ぬ事前提ッスか…?





196-18.jpg
マーロウの所にインクを持っていくと、本にインクをこぼした。
で、これを持っていったらゴルバンは本の中に戻るとの事。

あ、なーんだ。それならゴルバンを殺さずに済むんじゃないかな。





196-19.jpg
再び演劇ミッション。
前回ゴルバンに会いに行く途中で通った道を再び通る。

「前も来た気がする」って言うか、モロに同じミッションですからね。




所でさ、この演劇ミッションって、背景の建物があるじゃん。
アレのせいでちょっと視点を変更しようと右クリックしながらグリグリすると


196-20.jpg
カメラがぶっ飛んで視界が真っ暗になるのマジでやめてほしい。
これマジで何の罠なんだよ。






196-21.jpg
で、ゴルバンの所に到着。
にこやかに俺を迎えてくれるゴルバン。
わざわざ本を届けてくれるだけあって、いい奴なんだなぁ。





196-22.jpg
で、そんな人にインクこぼした本を渡す俺。
これはひどい。




確かこの本を渡せばゴルバンは自分が紙人間だと気付いてくれるんだっけな。
ま、きっとゴルバンのフランクっぷりからして

俺「お前実は紙人間みたいだぜ」
ゴルバン「えっ、マジで?」
俺「ほらこの本が証拠」
ゴルバン「うっわ、マジだよ」
俺「ってな訳で、お前本の中に帰んなきゃマズいっぽいよ」
ゴルバン「うーん。そうみたいだな。じゃ俺、本の中に帰るわ。色々悪いね」
俺「いいって事よ」

みたいな軽い感じに話が進むに違いないだろ。



196-23.jpg
メチャクチャ大変な事になった。

だ、誰かー!お医者様呼んでー!!






196-24.jpg
で、その後アシュリンは来るわシェイクスピアは来るわで、何か凄まじく重い展開に。
俺どうすりゃいいの。






196-25.jpg
えっ、急にこんな重要そうな選択を迫られても…






196-26.jpg
よくわからないがゴルバンを助けてしまう。
とは言っても近づいてみただけで、どうやって助けたのかは一切不明な訳だが。


ちなみにこの後、アシュリンは消滅するわ、シェイクスピアには「お前何してんだよ」って怒られるわ散々でした。





196-27.jpg
で、何とか助かったゴルバン。




196-28.jpg
俺にサインしてくれとせがんできた。
何でも俺の伝記小説を書きたいからとの事。

いやー俺様ってば影世界の英雄で超イケメンで性格もいいからなー。
まあ俺様の伝説を書き綴りたいって気持ちもわかるなーハッハッハ。





196-29.jpg
カッコよく本にサインする俺。





196-30.jpg
で、サインを渡して帰ろうとする俺の背中を見送りながら、ゴルバンが何やら意味深な事を。

うーん。話の流れが読めないが、まあ頑張ってください。





196-31.jpg
エイヴォンに戻って事の顛末を伝えるとまた怒られた。

何だよー。俺がいったい何をしたって言うんだ。




……ん?
ああっ!!わかった!今わかった!
このSS切り取ってる時に、急にゴルバンが最後に何を言ってたのかわかった!!

このゴルバンクエストで最初に受け取った本!あれ何で俺の名前が書いてあるのか不思議だったけど
あれを書いたのは『過去の俺』だったんだ!正しくは、ついさっきゴルバンにサインを書いた俺!!
で、何回もやり直してでもアシュリンを救うって発言!!

つまりこういう事だ!


俺のサイン入り808回目の短編集がアイラに届く

俺が本を捨てに行き、ゴルバンに会う

しかし失敗し、完全に本を放棄する為にインクを取りに行く

インク付き本でゴルバンが消滅しそうになる

アシュリンが消滅し、ゴルバン生存

俺が空白の本にサインする

その本にゴルバンが808回目の短編集を書き込む

それをフクロウで届ける。

エイヴォンの不思議パワーか、スタンド能力的な何かが発動し、一番初めに戻る


ってな感じで、アシュリンを助け出せるまでループ世界的な事をするつもりなんだ!!
そういやあの808回目の短編集!あれ「物語の最初と最後が同じ」なんだよな!
それもこのループの事を表していたに違いない!


なるほど!で、きっとこの後の展開は
何度も物語を繰り返すが、何度やってもアシュリンを助けられない。
目の前で何度も愛する婚約者が消滅する様を見て、ゴルバンは絶望しかける。
しかし、その時!ループしているという記憶を持った俺がカッコよく登場!!
「こんな事もあろうかと!」と言わんばかりにアシュリンを助け、ゴルバンも助けちゃうスーパーアイテムを使用!
鬱フラグブレェェェェイクッ!イヤッホォォォォウ!!

ってな超スカっとする展開だろう!
さあ、次のクエストスクロール来い!!





196-32.jpg
クリアになった。

え?ゴルバンは?え?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。