中の人は男のプレイ日記・改
前の日記にログインできなくなったから作り直した。 困ったもんだ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
60回-理想の真実

全ての町の理想を揃えたらこんなクエストが来た

「教えてください」とか書いてあるけど
一つの町をこなすごとにアルにメモを送った気がするんだけど






とっととケオ島に行こうと思ったが
クエストスクロールの目標の数に注目してみよう
これを見る限りでは4つも何かさせられるらしい
となるとおそらく「もう一回ケオ島来いや」とか言われる可能性がある

前書いたようにケオ島はリアル時間で2回ぐらいしか行けない
ムーンゲートを待ってたらこのクエストだけで1日か2日ぐらいかかっちゃうかもしれない
というわけで

ケオ島にキャンプを作る
これさえあればケオ島へのゲートが閉じても
一回死ねばこのキャンプを使ってケオ島に戻ってこれる

しかし一つ気になることがある
それはこのキャンプの名前だ
この名前は
『ケオ島でゴーレムと戦ってる人がトイレに行きたくなった時はここに避難しましょう』
という意味でつけたのだが
解釈を間違われると
『ここはトイレです』
って意味と取られる可能性がある







ともかく地下に降りてアルに話しかけると
調査結果に満足したらしい

うんうんよかったね
じゃあ鎧を貰おうか







と思ったら何か問題があるらしい
一体なんだろうと話を聞いてみると







じゃあ最初にそう言えよ

わざわざ町から町を歩き回って
精神的に重傷を負いながら理想を聞きまわったり
高い金出して服装を整えたり転生までして外見を変えたり
ロリコン騎士の化けの皮を剥がしたのも全て
無駄足だった
って事か!?

アルめ
お前が人間に嫌われるのは外見がどうとかという問題じゃない!
その内から滲み出る邪気が原因だ!






しかしアルは人間と話す唯一の精霊だ
ここでコイツの機嫌を損ねたらこっちに被害が及ぶ
ここは我慢をするしかない

だが暗い夜道には気をつけることだな

ケオ島から脱出する為にムロから羽を買う
最後にいたのがイメンマハだからイメンマハ行きになっている
ネイルがいるとこはイメンマハだからちょっとツイてたな






イメンマハにつくなりネイルに話しかける
すると

お前もアレか!?







しかし冗談だったらしい

いやー安心した
一つの町に二人もアレがいたら町自体がヤバいからね








どうやらネイルの理想はアルらしい
じゃあ問題無いな
とっととアルにその事を話して鎧についての情報を貰おう






で、ケオ島へのゲートがまだ開いていたのでそれを使ってケオ島へ
そして地下にいってアルにネイルが言っていた事を伝える

あーネイルの好みはお前だってさ
よかったねハイハイっと


嘘付いてねぇよ

なんだお前は
何わざわざパシリやった人を嘘つき呼ばわりしてんだよ
それが精霊のやる事か!







まだなんか言ってる
誰だこんな被害妄想野郎を精霊にしたのは
責任者出て来い







しかし話を聞いてみるとアルはネイルに石を投げられたらしい

これならこっちを嘘つき呼ばわりするのも納得がいく
というか嘘つきはネイルの方なんだけどね











イメンマハに戻ってネイルに話を聞く
さあつまんない嘘をついたワケを話してもらおうか







なんでそこで楽譜なんだよ

普通ここは手紙とかだろ
実は自分はエロール神でしたとか言ったり
さりげなく重装歩兵を謀殺したことをバラしながら歴史を話したり
詩を聞いただけでムリヤリPTに入ってきてアビスゲートを閉じるまで別れれなかったり
詩人のやる事はさっぱりわからん






ともかくもう一回ケオ島に戻らなくてはいけなくなったが
夜が明けてムーンゲートが閉じちゃったので
さっき作ったキャンプを利用してケオ島に行く事にする

しかしキャンプを利用するには一回死ななきゃいけないので

自殺しに行く

ちなみにイメンマハ周辺には敵がいないから
わざわざダンジョンの中に入らなきゃいけない







そんなわけで自殺完了
さーてキャンプ復活でケオ島に戻るか







キャンプ復活が無い

え?
コレどういうこと?
なんかのバグか?


いやちょっと原因を考えてみよう
確かキャンプ作ってから一回ログアウトしたっけ
多分その時にチャンネルを間違えたんだろう

とりあえずよく行くチャンネルでやりなおしてみよう







というわけでチャンネル変更
多分このチャンネルだろ







祝福代がもったいないので装備を全て外して再び死亡
多分これでケオ島に戻れるだろ







また無い

あーもしかしてこのチャンネルじゃなかったか?







というわけで次はココ
今度こそ行けるだろ







またまた無い

おかしい
これはおかしいぞ
何かの陰謀があるとしか思えない

あ、もしかしてダンジョンの中じゃあキャンプに飛べないとかか?
ちょっと屋外で死んでみるか
しかしさっきから自殺だの死亡だの屋外で死ぬだの
この部分だけ見たら途方もなく怪しいサイトだなここ











というわけでわざわざ崖の方へ行きオオカミに襲われる
もう俺がどこにいるかわからんな







無い

えー
本当にわけがわからん
これどういうことだ?






こうなったらしらみつぶしに調べるしかない
1chから順に死んでいってみよう


で、1、2、3、4、と順番に死んでいって

とうとう夜になってしまった
しかしこんだけ繰り返し死んでも
キャンプ復活が一回も出ない

これ冗談抜きでおかしいぞ
ちょっと情報サイトとかでキャンプについて調べよう


調べてみてもコレといった情報は見つからない
キャンプの注意書きを見てみると「キャンプの主を諦めるとキャンプが閉じます」とか書いてあったけど
別に諦めたりしてないから別に問題は無いよな
というか「主を諦める」とか意味がわかんないんだけど

と、ここで一つの考えが脳裏を横切った
もしかしてこの「キャンプの主を~」って部分は
「ログアウトしたら」って意味なんじゃないだろうか?
というか他に原因が思いつかん

誰だこの注意を書いた奴は
「諦める」とかワケのわかんない事書いてないで
ちゃんと「ログアウトしたらキャンプ消える」とか書いとけよ







ともかく死にまくったので経験値が大変な事になっている
このマイナスどうやって戻そう









これでキャンプを使ってのケオ島行きは断念されてしまった
次にケオ島へのゲートが出るのは現実時間で3時間後である
しかもこれを逃したらさらに次のゲートは12時間後というどうしようもない事態に陥る

孤島に行くには12時間に一回しか行けないとか
まるでどっかの島への船便だな
変なとこばっかリアルに似せやがって


ともかくケオ島行きゲートが開くまでヒマなので
露店を開く事にする

白ドラゴンクレストを置いてまた青と交換を希望する
しかし白色ってのは銀を仕上げに使えば出せる色だから
正直価値が低いんだよね

とりあえず10万で置いとけば売れる事は無いだろ
そして欲しい人はきっと青いのと交換してくるに違いない






で、2時間30分ぐらい経ってからディスプレイの電源を入れると

なんか売れてる

なんでドラゴンクレストの売れ行きばっかりこんなにいいんだ
もしかしてドラゴンクレストってもうちょっと高くても売れるのか?

あとなんでフォックス付きの棒が売れてないんだろ
これ3ヶ月ぐらい前は飛ぶように売れたのに









ともかく露店を閉じてケオ島へ飛ぶ
そしてまたキャンプを張る

名前は相変わらず「トイレ休憩」
今回はログアウトしないように気をつけないとな







地下に降りて楽譜を渡す
これから何が起きるのやら







すると何か文章が表示された
どうやらこれは楽譜に書いてあった詩らしい

でも電波過ぎて意味がわからん
誰か翻訳して







なんとかこの詩はネイルがアルを褒めまくっている詩らしい
って事だけは理解できた
でもこれ嘘くさいよね
だってこいつアルに石ぶつけたらしいし







えーっとこの部分は
「アルの前に行くとテレるので恥ずかしい」って事らしい

なるほどね
で、それでどうした







石投げた

バカだ
バカだこいつ
なに石投げてんだ
もしエリン1馬鹿選手権とかあったらこいつ上位入賞間違いなし

というかこいつの詩をまとめると
「お前(アル)はとっても美しくて俺(ネイル)はホレちゃったけど
なんか恥ずかしいので石投げた
ってことだな

なんでいい年した大人が石を投げるという結論に行き着くんだ
お前は小学生低学年の男子か
いやむしろ小学生でも今時石を投げるとかしないだろ






しっかしこいつは人に
「ちょっと人々に理想聞いて来いや
ああ聞くだけじゃなくてちゃんと理想の奴を見せてやれよ」
とか言うようなひねくれ者だ
多分こんな詩じゃ納得しないね

納得した

いやちょっと待て
こいつの書いた事は絶対嘘だぞ
いい年した大人がそんな事で石とか投げるわけねーだろ

というか理想とかいう超苦労することをする事になったのは
あのバカが石とか投げたのが原因だったんだな
もし俺が黒魔道士とかだったら石投げどころか
隕石とかぶつけてるね










依頼を達成したのでパラディンの鎧についての情報を貰える事になった
しかしこいつネイルに嫌われてないってわかった途端にコロっと態度を変えやがったな
ホントにこいつが精霊やってていいのか?







鎧を手に入れるにはミスリルという鉱石が必要らしい
しかしこのゲーム、アダマンタイトだのミスリルだの
どっかで聞いたことがある鉱石の名前がどんどん出てくるなあ







で、ミスリルを手に入れるにはギルモア爺さんに手紙を渡したら
ギルモア爺さんが協力してくれるとのこと






じゃあそうとわかればこんなトコには用が無いからさっさと脱出
羽を使ってイメンマハから変な廃墟(名前忘れた)経由でバンホールへ行く

そしてバンホールについたらギルモア爺さんに話しかける


アルの頼みと聞くと渋々協力してくれた
しかしあのギルモア爺さんを協力させるとは
一体あいつ何したんだろ








しかしミスリルは貴重な鉱石なので
通行証に時間制限をつけて、時間が来たら強制的に入り口に戻されるようにしたらしい
でもこの通行証ってただの紙切れなんだよね
そんな紙切れに時間制限をつけたりワープする魔法をかけたのか?

ギルモア爺さんすっげー
もしかしてこの人超一流の魔道士なんじゃないか?
下手したらチェーンキャスティングとか使えるかもしれん










とりあえず通行証を使ってダンジョンに入る
制限時間があるから急がないとね







このダンジョンにもやっぱり敵は出る
でもこいつら貴重なミスリルがあるダンジョンにどうやって入ったんだろ
ギルモア爺さんが魔族に通行証を横流しとかしてないだろうな







しばらく進むとミスリル鉱を発見
貴重って行ってた割にはあっさり見つかったな







ツルハシを使って掘るといきなりミスリルを発掘
どうやらこの鉱石は普通のと違って掘ったら鉄、銅、銀、金のどれが出るかランダムで決まる
という感じではなく、掘ったら100%ミスリルが出るらしい

こんな感じで100%鉄が出るダンジョンとかあればいいのに
もしあったら意地でも入る






掘っていたらふとミスリルはどんな色をしていて
どんな説明文なんだろうと思った
なのでちょっとインベントリ欄を開いて見てみたら

どう見ても金鉱

コラ開発者
これちょっと手抜きすぎだろ
どうせ色変えるぐらいなんだからこんぐらいやっとけよ

あと「ミスリル塊」ってなんだよ







しばらく掘っていたら鉱石が潰れた
どうやら普通の鉱石と同じように5つ掘ったら潰れるらしい

しかしこのミスリルって「貴重な鉱石」って設定だよな
なのにダンジョン内にミスリル鉱が普通の鉱石と同じ数だけ設置してあって
しかもその鉱石からミスリルが5つも取れるんじゃあ
全然貴重じゃない気がするんですが
むしろ鍛冶で大量に消費される鉄の方が貴重な気がする










フラフラと進んでいたらボス部屋へとたどり着いた
しかし時間制限があるって言う割には普通に最後まで来れたな






だが思い出してみるとバリダンジョンのボスはオーガ戦士が5、6体ぐらいだった
オーガ戦士は一匹のHPが異常に高い上に魔法→カウンターのコンボじゃなか倒せないので
一匹を倒すのに結構時間がかかる
それを5、6回繰り返すのだから相当時間がかかってしまう

恐らくこの妙に長い制限時間はオーガ戦士達を倒すためだけに設定してあると考えて間違いないだろう
よーしそうとわかれば早く戦わなければ


と思っていたら

オーガ戦士一体だけ

え?なにこれ?
なんで一体しかいないの?







なんかインプなんかがオマケについてるみたいだけど
インプなんかHPが低いからすぐに倒せる

もしかしてボスはこんだけ?
じゃあさっさと倒して奥の宝を貰って帰っちゃうか
インプを瞬殺してオーガ戦士に魔法カウンターっと







死亡

そうだオーガって目の前でストンプとかいう反則をしてくるんだ
あと2、3で倒せるってところでそんな技使いやがって
女神像からボス部屋まで戻ってくるのめんどいじゃないか







ボス部屋に戻った瞬間にスマッシュを叩き込んでオーガ戦士を退治
まったくめんどうな事させおって







奥の宝箱を開けたら変な図面を入手
ゲブネってなんだろ
新しい武器の名前かね







ダンジョンを出るとこんなクエストが来た
どうやらあの鎧はアイデルンが製作できるらしい

でもアイデルンって武器しか作ってないみたいなんだよね
エイレンが売っている鎧をアイデルンが作っているとしても
売ってる鎧はチェインメイルみたいな地味な鎧しかないんだよね
アイデルンにあんなカッコイイ鎧を作れる技術があるのだろうか







話しかけると「ミスリルの加工は難しい」みたいなことを言われた

普通の金属である鉄で兜を作るだけですら
100個以上の鉄インゴットを消費するから、ミスリルで鎧なんてかなり鉱石を必要とするんだろう
恐らく鉄の10倍ぐらいは必要かもしれない
さらに鉄製の兜でも100個も使うんだから、鉄製の鎧を作るには500個ぐらいの鉄が必要だと思われる
以上のことを計算にいれてミスリルの鎧を製作するのに必要なミスリル塊(プ
を計算してみると
100×5×10だから5000個のミスリル塊が必要

ゴセンですよゴセン
あと何十回ダンジョンに潜ればいいんだよ

いやちょっと待てよ
今持っているのは鉱石だから製錬する必要がある
1個の塊を作るのに鉱石は5つ必要だから、それを計算に入れると
25000個のミスリル鉱が必要という事になる

ニマンゴセンコ
あと何百回ダンジョンに潜ればいいんだ
というかそろえる前に絶対ミスリルがこの世から消えるな






そんな事を考えているとアイデルンがミスリルを要求してきた
一体いくつ要求する気だろ
まず最初ってことで2000個ぐらいかな


5個

5000個とかじゃなくて5個?
5個じゃあミスリル塊を1個しか作れないじゃん
ミスリル塊1個じゃあ鎧の肩の部分を1cm作るだけで無くなっちゃうんじゃないの?







とりあえずミスリルを渡すとなんか合格した
ホントにたったの5個でいいのか







しかしその後に図面を要求してきた
図面ぐらい自分で揃えりゃいいのにと思ったが
ちょうどダンジョンの宝箱からゲブネの図面を見つけてたからそれ渡すか

あと「ゲブネ」ってのはこの鎧を考えたとっても偉い人の名前らしいよ







図面を渡すとアイデルンがかなり感動した
俺別になんも凄い事してない気がするんだけど







そして今から図面を使って作るから
ミスリルが必要になったら連絡するとのこと

ミスリル5個じゃあ3秒ぐらいで尽きるだろ






ヒマなので再びミスリルを掘りに行く事にする
でも鉱山に入るには通行証が必要なので
またギルモア爺さんから通行証を貰う事にする

貴重なミスリルがあるダンジョンへ通じる通行証をまたよこせというので
ギルモア爺さんもかなりビックリした模様






すると「通行証やるから金払え」と言われた
まあ貴重なミスリルへの切符をそうホイホイやるわけにはいかないだろうな
一体いくら取られるんだろう

あんだけミスリルが大量にあるんだから
きっと通行証一枚につき10000Goldぐらい取るんじゃないかなー

と思っていたら

100Gold

貴重なミスリルがとれるダンジョンへの通行証がたったの100Gold
やっぱりギルモア爺さんはいい人だ










ダンジョン突破してさっさとボス撃破
はいはいオーガ戦士さんご苦労様でしたっと

しかしこのダンジョンを突破するのに30分ぐらいかかったのに
全然アイデルンからミスリル追加の知らせが来ない
一体どんだけケチりながら使ってるんだろ







しかしダンジョンから出た途端に知らせが来た
まるで狙ったかのようだ

しかしスクロールに書いてある文を読んでみると、今回は頭の部分を作るらしい
頭の部分ってことは兜だよな
兜作るには普通に500個ぐらいの鉱石が必要なのに
ホントに鉱石5個で足りるのだろうか







とりあえずミスリルを渡す
いい鉱石ってどんなんだろ






と、ここでこのミスリル関係の事について非常に気になる事を耳にした
それはこのアイデルンのミスリル追加要求についてだ
このミスリル追加は、ミスリルが掘れるダンジョンから出たのをきっかけに飛んでくるので
ダンジョンに入らないと2日待とうが3日待とうが絶対に来ないらしい

これは非常に重要な情報だ
この話の真偽を確かめる必要がある


というわけでまた通行証を貰ってダンジョンに入る
ちなみに今回の通行証の値段は200Goldだった
少しずつ値上げするつもりらしい

で、ダンジョンに入った瞬間に女神像に触れて出る
そしてバンホールに戻ると

ホントに来た
どうやらこの情報はホントらしい
こりゃいい情報を得たぞ







鉱石を渡す
どうやらこれでほとんど完成らしい
たった20個の鉱石でどうやって作ったんだろ






しかし何か不具合が起きたらしい
まあたった20個の鉱石じゃああたりまえだな

一体どんな事が起きたのかと話を聞いてみると

型紙を燃やしやがった

お前人から貰った型紙を何燃やしてんだよ
というか貰った時に裏面も見とけよ







しかしさっきダンジョンに行ったときにまた図面を入手していたのでそれを渡す
どうやら裏面に書いてあるのは手足の部分らしい
でも燃やす前に手足の部分がない事に気付くべきだろ
兜と鎧だけ付けてたらまるっきり変態じゃねーか







というわけで次のスクロールを待つためにダンジョンに入って





出る







するとまた追加のスクロールが到着
このシステムは不自然だよなぁ







ミスリルを渡すと即完成した
さすが職人だ







任務完了して鎧を受け取る
なんか足と兜が無い気がするが、そんなことはどうでもいい
それより問題はアイデルンの要求した鉱石の数だ

最初に試験として要求したのが5個
兜を作るのに使用したのが5個
鎧を作るのに使用したのが10個
手と足の部分を作るのに使用したのが7個
計27個の鉱石を使った事になる
まあ最初の5個は横領したと考えると実質は22個の鉱石だ

しかしこのように全部のパーツをユーザーが作ろうと思ったら
100倍の鉱石が必要となる
これは誇張表現とかじゃなくてホントにそんだけ必要
ウソだと思うなら知り合いの鍛冶師に聞いてみましょう

1/100の材料で作ったので質が悪いと思うが
見たところ普通に形になっていてどこも悪いところは見当たらない
となると残る可能性はアイデルンの腕がメチャクチャいいので
たった22個で完成したということだ

しかしアイデルンの鍛冶ランクが1だとしても
失敗が出ないってことでせいぜい9ランク鍛冶師の3倍ぐらいの効率で作れるぐらいにしかならない
それじゃあやっぱり渡した数の30倍ぐらいの鉱石が必要になる
いくら考えても納得がいかない


いや
もしかして渡した鉱石が増えたのかもしれない
しかし鉱石が細胞分裂して増えるわけがないので
製錬のところで何かあったのかもしれない
例えば鍛冶ランクが高いと製錬で出来るインゴットの数が増えるとか

9ランクの人でも5個の鉱石で1個の鉱石しかできない
そして1ランクでその30倍のインゴットができるとすると
1個の鉱石から6個のインゴットが出来る

アイデルンすげぇ
さすがエリン一の鍛冶師だ

あ、あとこのランクが上がると製錬で出来る鉱石の数が増えるってのいいな
これ導入してくれないかな
とりあえずユーザー補正ってことでDランクで鉱石1個からインゴット100個ぐらいとかで
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。