中の人は男のプレイ日記・改
前の日記にログインできなくなったから作り直した。 困ったもんだ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
55回-怒られすぎの俺
間違ってフィアードから出てしまったので
泣きながらラビ下級ダンジョンに行ってみた
大量に魔符が手に入ったが
もちろんサンダーのページは出なかった

さて、ラビ下級に行った事がある人はわかると思うけど
あそこに行くと換金しきれない魔符が結構貯まる
それをさばく為によく露店を開くんだけど
せっかく露店を開くならってことで

前作った黒ドラクレを置いてみる






青ドラクレと交換が一番いいので説明のところにそう書いてみたのだが
不安なのはこの黒ドラクレが売れてしまって
青ドラクレとの交換が無しってなる事だ

しかしその点は既に解決済みである
なんとこの黒ドラクレに

20万という値段をつけた
ドラクレの相場はよく知らないが
多分この値段で買う人はいないだろう
俺だったらドラクレに20万も払わないね

となると黒ドラクレが欲しい人がたまたま青ドラクレを持っていて
あーコレ欲しいな
でも20万も出したく無いな

あ、そういえば青いドラクレ持ってたな

よーし交換だ

めでたしめでたし

という超理想的な展開になるに違いない
フッフッフ完璧だ






そしてちょっと席を離れて
さーて「交換しましょう」とかいうメッセージが届いてないかなーと
ワクワクしながら露店の商品を見てみたら

売れてるし

なんでこの値段で売れるんだ
20万だぞ20万









露店を閉じて再びプライスに話しかけて
ダンジョンに落とす品を貰う

うるせーやい







で、フィアード
今回はうっかり出ないように気をつけないとな
まあ一番いいのはゴルゴンが出ない事なんだけど






しかしそんな期待もむなしく

あっさりとゴルゴン2匹登場
とりあえず一気に気付かれないように全力で退避






しかし

一瞬で気付かれる







もちろん殺される







そして前回と同じくハイパーバトルモード(ただの裸)を発動
しかも今回は2だ
ちなみに1と2の違いはうっかりダンジョンを出るか出ないかの違いだ







ゴルゴン部屋に戻ってくるといい感じに2匹が離れていて
これならいけそうな感じがしてきた






しかしゴルゴンってのは実に不思議な生命体ですよね
上の画像のように離れているのに
片方を攻撃して気付かせた瞬間
部屋の片隅からこちら側にヒョコヒョコと歩いてきて

!を出す







もちろんそんな事されちゃあ死ぬわけでして







その後、何回も復活してなんとか一匹倒す
夜が明けちゃったよ







一匹なら問題は無いので残りも即倒す


よーしこれでゴルゴン部屋は突破したぞ
この先はもうザコばかりだな
ジャッカルだろうがベアウルフだろうが赤クマだろうが問題はない
さあどっからでもかかってきなさい

できれば赤クマが出てきて最高級革を落としながら倒されなさい






そして次の部屋に入るとムービーが発生して

なんか見た事の無い奴が

なんだこの白いのは
連邦の新型か?







ヤベこっち見た
どんな攻撃が来るんだ?







しかし攻撃せずに消えていった
なんだったんだろ







ムービーが終わるとダンジョンの入り口に立っていて
新キーワードを入手
どうやらさっきのがルーらしい


いやね
既に死んでるのにわざわざ出てきてもらって
こんな事言うのは恐縮ですが
もう一つ前の部屋で出てきてほしかった

そうすればあんなゴルゴンとかと戦わずにすんだのに









手に入れたキーワードを持って再びプライスの元へ
今回はダンバートンにいると表示されていたので
ダンバートンへ走り、プライスを探す

すると学校へ行く階段の前にいたので
話しかけようとして近付くが

俺が通り魔にしか見えん







入手したキーワードで話しかけると
またもや新キーワードを入手








そしてまたルーが光の騎士で
リダイアはただの人間とか言い出した

その話はフィアードに行く前に聞いたよ






で、なんでそんなにリダイアを否定するんだろうと思って
話を聞いていると意外な事実が判明した

それはリダイアは

ダークロードに殺されたらしい


なにそれ
ダークロードに殺された?
じゃあリダイアって超ザコじゃん

道理でプライスがリダイアを否定するわけだよ
その死因を知ってたら俺だって否定してるね







で、リダイアの最後について
詳しくは自分で調べろとのこと

真の光の騎士じゃない上にダークロードなんかにやられた奴の
最後なんか調べて何になるのやら






しかしその事を調べないとイベントが進まないようなので
嫌々調べる事にする

多分この事に関してはイメンマハに行けば何かわかるんだろうけど
せっかくダンバートンにいるんだから、元イメンマハ住人の
シモンさんに話を聞いてみる事にする

で、衣料品店に行き
リダイアの最後について聞いてみると


怒られた
なぜだ

しかしシモンさんはG2に入って完全にオカマキャラにされたと思ったら
意外にも男らしい口調が残っていた
でもいきなり「おい」とか言われたからちょっとビビった






とりあえずイメンマハに行って情報を集める事にする

騎士の事といえば騎士に聞くのがいいんだろうけど
まずは騎士について詳しい
レストランの料理長、ゴードンさんに話を聞いてみる事にする
すると


また怒られた

しかしなんで俺さっきから怒られてんの?
あの商人野郎は一体どんなとんでもない事を俺に教えたんだ






レストランを出て次は騎士に話を聞くために
城のほうへ向かう

で、近衛隊長のアイディンにリダイアの最後について聞いてみると

またまた怒られた

でも前の二人と比べるとこいつが怒っても全然迫力が感じられないな
近衛隊長のくせに






今度はパラディンの指導をしているクレイグさんに聞いてみる事にする
でもどうせまた怒られるんだろーなー

と思っていたら

意外にも新キーワードを入手

さすがクレイグさんだ
ただキレてるアイディンとは比べ物にならんね







どうやらクレイグさんはリダイアの補佐をしていたので
リダイアの事について色々と知っているらしい

そしてクレイグさんの話によると
リダイアはダークロードなんかよりずっと強かったが
敵の罠にかかってやられてしまったらしい

なんだ
リダイアって強かったのか
まあ冷静に考えるとダークロードに負けるってのは
まずありえないからな
あいつ剣の腕がスケルトン程度しかないし






で、話の終わりに

やっぱり怒られる











新キーワードを入手したので
それを持ってプライスの所へ行く

この縄文時代の頃の家みたいな建物に火をつけて
俺に人に聞いたら怒られるような情報を渡した
この商人野郎もろとも焼き殺してやろうかと思ったが
そこはグっとこらえて話しかける






ともかくキーワードで話しかける
するとこんな事を言い出した

じゃあそんな不確かな情報渡してんじゃねーよ!!
何がフフフじゃボケ







話を聞いているとプライスが一つ忠告してくれた

お礼に人に不確かな情報を教えないって事を忠告してやりたい







で、「その道」とか言うのを見つけるには
ダンバートンである本を貰ってそれを読むといいらしい






しかし本なんかで光の騎士の道なんかがみつかるのかねー
と思っていたら

なにやら凄そうな本らしい

芯の弱い奴は本の内容に何か影響を受けるのか?
どんな本なんだ?
恐ろしい・・・・


そういえばこのゲームは見た目とは裏腹に
無茶苦茶エグい話をするって特徴があるからな

そういえば昔釣り上げた本で「ある冒険家の日記」みたいなのがあった
その本の内容は最初はパーティを組んでホノボノしてたのに
ダンジョンで出血多量で死ぬ奴が出るわ
1人はスケルトンに首吹っ飛ばされて死ぬわ
さらに骸骨オオカミに食い殺される奴はいるわ
その日記の筆者は最後餓死寸前のところを魔物に襲われて殺されたらしいとか
とんでもない内容満載でビックリした事がある

おそらくこの本もそれに近いほどエグい話があるに違いない
恐るべしマビノギ









覚悟を決めてダンバートンの書店に向かう
で、メモを渡して本を受け取ろうとすると


どうやらその本は全然売れないので倉庫にしまってあるらしい

あーそれじゃあしょうがないね
できれば一生見つからないといいんだけど






しかし世の中はそう上手くいかないもので

話を終えると任務達成のボタンが出る
これを押しちゃうと







即来る
もっと長い時間をかけて探してくれよ

そしてこの恐ろしい内容が書かれてると思われる本が自分の手に
一体どんな事が書かれているのだろうか?
その内容は次回ね
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。